我思う故に我あり

日常で感じかこと、考えたことを綴ります。

ミャンマーの今

 世界の今を知ろう!!!

コロナで揺れる世界ですが、そんな中だからこそ世界の社会情勢を見ましょう!!

私的に、【世界の今を知ろう!!】 週間です。

 

では早速、ミャンマーです。

 

 

 

ミャンマー、11月の選挙に向けて動き出す

 

Myanmar Gears Up for November Election

October 12, 2020

learningenglish.voanews.com

 

ミャンマーの与党である国民民主連盟(NLD)は、11月8日の総選挙で最多得票を獲得すると予想されています。しかし、政治専門家によれば、議会での過半数を維持するのに十分な票を獲得できるかどうかは、あまりはっきりしないといいます。

新旧の反乱、公民権を剥奪されたdisenfranchised【dìsinfrǽntʃaizd】ロヒンギャコロナウイルスに関連した規制もまた、選挙の信憑性についての懸念を高めています。

 

’非常に単純な選択’

 

民主主義派の指導者アウンサンスーチー氏は、2015年の選挙でNLDを率いて歴史的な地滑り的勝利を収め、軍事的に支持された連邦団結発展(USD)党を破りました。NLDの勝利は、ミャンマー、旧ビルマ、の軍事支配を文民支配に置き換えるための改革につながりました。

国の憲法では、スーチー氏が大統領職を目指すことを禁じています。しかし、彼女の同盟者であるウィン・ミント氏が大統領に就任したことで、スーチー氏は広くミャンマーの指導者と考えられています。

1991年にノーベル平和賞を受賞したスーチー氏は、ミャンマーの軍事支配を終わらせるために戦ったことで広く知られています。しかし、ミャンマー少数民族ロヒンギャの扱いに関連して、近年スーチー氏は国際的な支持を失っています。少なくとも70万人のロヒンギャが、2017年8月初め、最西端のラカイン州からバングラデシュに向けて逃げました。彼らは彼らに対するビルマの軍事作戦から逃れていましたが、国連が大量虐殺と認めたのです。

ミャンマーでは、スーチー氏と彼女の党は、多数派の民族であるバマル人の間で非常に人気があり続けています。

Bamarミャンマーの主要民族(ビルマ族

NLDは、軍を政府から永遠に排除するための最良の希望を提供していると見られている、とキン・ゾー・ウィン氏は述べています。彼はミャンマーの研究グループ、タンパディバ研究所の所長です。

「ですから、軍が嫌いなら、一番良い選択なのだからNLDを支持するべきなのはOKだと言うのは、非常に単純な選択であり、考えです。

バマルの票の大半を維持した場合、「NLDは相当数の議席を獲得するだろうが、地滑りではないだろう」とキン・ゾー・ウィン氏は述べています。

ミャンマー少数民族の多くがもはやNLDを支持していないため、地滑りにはならないだろ、と専門家は言います。

 

マイノリティとの関係

 

民族系マイノリティは人口の40%以上を占めています。彼らは2015年の選挙でNLDを強く支持しました。軍と民族反乱軍との間の長年にわたる敵対行為の後、多くの人はスーチー氏と彼女の党との和平の可能性を見ていました。

むしろ、この5年間は”胸を蹴られる”ようなものだった、とキン・ゾー・ウィン氏は言います。

民族武装グループと軍、そしてスーチー政府の間で行われてきた三者間の和平交渉は、ほとんど進展していません。

さらに、国の内戦の新たな戦線がラカイン州北部で繰り広げられました。軍と分離主義者のアラカン軍との戦闘により、何万人もの人々が避難しています。アラカン軍は、ラカイン州民族の自治権拡大を望んでいます。

スーチー政府はまた、彼女の父、バマル族の独立の英雄であるアウン・サム氏の像を建てるためのキャンペーンを開始しました。これらの像を少数民族の人口が多い地域に設置するという決定は、抗議と怒りを引き起こしたのです、とイェ・ミョ・ハイン氏は言います。彼はミャンマーのタガウン政治研究所の専門家です。

多くの少数民族は現在、NLDの代わりに小規模な政党を支持しています。NLDは、支配する多数派を失い、連立政権を余儀なくされる可能性があります。

 

自由で公正な

 

最近COVID-19事案が急増していることから、政府が投票を延期する可能性も高まっているのです、とサイ・イェー・キャー・スワール・ミント氏は述べています。

同氏は、ミャンマー最大の独立した投票監視・支援組織、信頼できる選挙のための人民同盟、を運営しています。

彼は声明の中で、コロナウイルスと戦うための自宅待機命令は、候補者が外に出て有権者に話をすることができないことを意味すると述べています。一方、NLDは州のメディアをコントロールしています。

彼はまた、市民権と投票権を得るに値するすべての人がそれを得られるまで、ミャンマーの選挙は真に自由で公正なものではないだろうと述べています。

ミャンマーは数年前にロヒンギャの市民権を取り消しました。その結果、彼らは投票することができません。しかし、この地域におけるロヒンギャの存在は、数百年前にさかのぼると考えられています。

 

 

ミャンマー 

ミャンマー連邦共和国

www.mofa.go.jp

ソース画像を表示

 

 

 

 

英語の小窓 1

Minority rapport の ” rapport”

rapport
 
uk /ræpˈɔːr  / us /ræpˈɔːr
  
a good understanding of someone and an ability to communicate well with them
                   by Cambridge Dictionary
 
 
 

〈フランス語〉〔お互いの〕ラポーr、感情的な親密さ

◆お互いが信頼し合い、また好みや感じ方などが一致しているという関係。

 

そこで思い出したのが

 

reservoir:貯水池   発音;rézərvwɑ`ːr 

Toeic で出てきて、発音がいい雰囲気で、これって英語?と思ったのです。

調べるとフランス語。

reservoir の語源は、フランス語で同じ意味を持つ réservoir で、これは「取っておく」という意味のさらに古いフランス語が語源でした。

 

調べるとフランス語由来は驚くて、びっくり!!

delicious, beverage, automobile、cuisine 、concierge

rouge、crystal に加えてcarbon 。。。。。

 

気になった人は、下記リンクをどうぞ

List of English words of French origin (A–C) - Wikipedia

 

フランス語を独学で挫折しながら学んでいます。♫

どんなところからでも興味が学習につながると。。。。

 

英語の小窓 2

 "a kick in the chest,"

身体の部位(顔、頭、足、手など)に対しての攻撃の表現には前置詞の「in」! 身体のどの部分であっても「in」!  面白いですね♬

 

kick(蹴る)

slap(ひっぱたく)

hit(たたく)

punch(殴る)

flick (軽く打つ)

 

shoot(撃つ)

stab(刺す)

slash(切りつける)

 

前置詞の使い方

in (身体の部分)

with(武器・道具)

by (人・攻撃者)

 

He was hit in the arm with a bat by that guy.

彼はバットでやつに腕をを叩かれた。

 

どんな場面なんでしょうか?ねぇ? (自作英文に苦笑)

 

面白い!!それが勉強へのモチベになる!!

 

 

 

 

Myanmar Gears Up for November Election

Myanmar leader Aung San Suu Kyi gestures during a flag-raising ceremony to mark the first day of election campaigning at the National League for Democracy party's temporary headquarters in Naypyitaw, Myanmar on Sept. 8, 2020. (AP Photo/Aung Shine Oo)

 

Myanmar's ruling National League for Democracy (NLD) party is widely expected to win the most votes in the country's November 8 general elections. However, political experts say it is less clear if it will win enough to keep its controlling majority in Parliament.

New and old rebellions, disenfranchised Rohingya and coronavirus-linked restrictions also are raising concerns about how credible the election will be.

'A very simplistic choice'

Pro-democracy leader Aung San Suu Kyi led the NLD to a historic landslide election win in 2015, defeating the military-backed Union Solidarity Development (USD) party. That NLD win led to reforms to replace the military rule of Myanmar, formerly Burma, to civilian rule.

The country’s constitution bars Suu Kyi from seeking presidential office. However, with her ally Wyn Myint in that position, Suu Kyi is widely considered the country’s leader.

Suu Kyi won the Nobel Peace Prize in 1991 and was widely celebrated for her battle to end military rule in Myanmar. However, she has lost much international support in recent years in connection with Myanmar’s treatment of its ethnic Rohingya minority. At least 700,000 Rohingya fled the far-western state of Rakhine for Bangladesh beginning in August 2017. They were escaping Burma’s military campaign against them, one the United Nations has recognized as genocidal

In Myanmar, Suu Kyi and her party remain very popular among the majority ethnic Bamar people. The NLD is seen as providing the best hope to remove the military from the government forever, said Khin Zaw Win. He is the director of the Tampadiba Institute, a Myanmar research group.

“So, it's a very simplistic choice and notion, saying that, OK, if you hate the military you have to support the NLD because that's the best chance," he said.

If it keeps most of the Bamar vote, "the NLD will still win a substantial number of seats, but it will not be a landslide," Khin Zaw Win said.

It will not be a landslide because many of Myanmar’s ethnic minorities no longer back the NLD, experts say.

Minority rapport

Ethnic minorities make up more than 40 percent of the population. They strongly supported the NLD in the 2015 election. After years of hostilities between the military and ethnic rebel armies, many saw the possibility for peace with Suu Kyi and her party.

Instead, the last five years have been more like "a kick in the chest," said Khin Zaw Win.

Three-way peace talks between an alliance of ethnic armed groups, the military and Suu Kyi's government have made little progress.

In addition, a new front in the country's civil war opened up in northern Rakhine state. Tens of thousands of people have been displaced by fighting between the military and separatist Arakan Army. The Arakan Army wants more self-rule for the state's ethnic Rakhine.

Suu Kyi’s government also began a campaign to build statues in honor of her father, Aung Sam, an ethnic Bamar independence hero. The decision to place those statues in areas with large minority populations caused protests and anger, said Ye Myo Hein. He is an expert with Myanmar's Tagaung Institute of Political Studies.

Many ethnic minorities now support smaller parties instead of the NLD. The NLD may lose its governing majority and be forced into a coalition government.

Free and fair

A recent sharp increase in COVID-19 cases is also raising the possibility that the government will postpone the vote, said Sai Ye Kyaw Swar Myint.

He runs Myanmar's largest independent voting observation and support organization, the People's Alliance for Credible Elections.

He said in a statement that the stay-at-home order to fight the coronavirus means candidates cannot go out and talk to voters. Meanwhile, the NLD controls state media.

He also said Myanmar's elections would not be truly free and fair until everyone who deserves citizenship, and the right to vote, gets it.

Myanmar cancelled Rohingya citizenship rights years ago. They can not vote, as a result. Rohingya presence in the area is believed to go back hundreds of years, however.

 

________________________________________________________________

 

Words in This Story

 

disenfranchise– v. to take away one’s right to vote

landslide – n. a very large victory for one side

notion– n. an idea

substantial– adj. given a lot of weight or power