我思う故に我あり

日常で感じかこと、考えたことを綴ります。

キルギス共和国の混乱

世界の今を知ろう!!週間!! 第3弾

 

今日はキルギス共和国です。

 

さぁ、今日のVOAニュース!!

 

 

 

キルギスの大統領、暴力を避けるために辞任すると述べる

 

Kyrgyzstan’s President Says He Is Resigning to Avoid Violence

October 15, 2020

learningenglish.voanews.com

 

キルギス大統領は木曜日、最近の議会選挙に対する抗議行動を受けて辞任すると述べました。中央アジアの国の指導者が民衆の反乱によって罷免されるのは、15年ぶり3回目となります。

首都ビシュケクの抗議者たちは、スロンバイ・ジェンベコフ大統領の決定を祝っています。しかし、彼の辞任によって先週から同国に混乱をもたらしている不安が収まるかどうかは定かではありません。

デモ隊はすぐに国会の解任と議長の辞任を要求しています。

その1日前、ジェンベコフ氏は辞任の呼びかけを拒否していました。しかし、抗議行動は続き、新首相までもが辞任を求めたのです。

大統領府が発表した声明の中で、ジェンベコフ氏は、自身が政権に留まれば暴力に怯えることになると述べ、抗議者が警察や軍と対立していることを指摘しています。

「私は、血を流し、自国民を撃った大統領として歴史に名を残したくない」と述べました。  

 


 ジエンベコフ氏は、ビシュケクの状況は”緊張状態が続いている”とし、これ以上の緊張状態を悪化させたくないと述べています。彼は野党政治家に支持者を路上から排除し、”平和な生活を人々に取り戻すように”と促しています。

議会は彼の辞任を正式に承認しなければなりません。議会議長、カナト・イサエフ氏は、金曜日に議会のメンバーが会合を開いて検討すると記者団に語りました。

クリギスタンは650万人の人口を擁しています。10月4日の議会選挙後、国は混乱に陥りました。選挙関係者は、親政府派が当選したと主張しています。しかし、野党は、投票券の購入やその他の問題が結果に影響を与えたと述べています。

抗議者たちは路上に出て、政府の建物を押収したり、いくつかのオフィスを攻撃したりしました。中央選挙管理委員会は選挙結果を取り消しました。その後、野党はジェンベコフ氏を解任し、新政権を樹立する計画を発表したのです。

抗議の声が高まる中、ジェンベコフ氏はビシュケク市の非常事態を宣言しました。政府当局は市内に軍隊を派遣し、外出禁止令を発令しました。この動きは、市民が以前の反乱で経験したような暴力や破壊を恐れなくなったため、市内の緊張を和らげました。店や銀行は再開しました。

抗議行動を止めるために、ジェンベコフ氏は水曜日、サディル・ジャパロフの首相就任を承認しました。元議員は先週、デモ隊によって刑務所から釈放されました。ジーンベコフ氏はまた、新たに就任したチャパロフ氏の新内閣のメンバーも承認しました。

チャパロフ氏は、ジェンベコフ氏の辞任を繰り返し要求し、支持者に辞任を促すことを約束してきました。キルギスの指導者は、政治状況が落ち着くまで現職に留まると言っています。

キルギス旧ソ連から独立した最貧国の一つ。ロシアが管理する経済・安全保障協定に加盟しており、ロシアから経済支援を受けています。

ロシア政府の報道官は木曜日、我々が見る限りでは、そのような政府は存在しないとして、キルギスタンへの支援を”一時停止する”と述べています。

 

 

キルギス共和国ってどこ?

 

 

キルギスってどんな国? | 株式会社タツフト

出典;㈱タツフト

 

キルギス共和国ってどんな国?

外務省データ

www.mofa.go.jp

 

www.kaze-travel.co.jp

上記サイトより

山と草原のシルクロード キルギス

旧ソ連圏では氷河をたたえる天山山脈の峰々、その雪解け水をたたえ「中央アジアの真珠」と称されるイシククル湖、騎馬民族を育む美しい草原など、魅力的な大自然を擁する保養地としても有名です。
古来よりシルクロードの要衝として発展し、あの玄奘三蔵も遠く天竺への途上にこの地を訪れています。それから1,000年以上の時を経たいまも、オアシス都市のバザールはモノと活気にあふれています。

キルギスの地図

春から秋にかけて旅行シーズンを迎えるキルギス。特に降水量の少ない6月~9月がベストシーズンです。夏場は日中30℃を超えることもありますが、ビシュケクよりも標高の高い地域では、寒く感じることが多いです(一般的に標高が1,000m上がると気温は6℃下がると言われています)。

 

BBCニュースより

 

 

 

www.bbc.com

 

 

 

 

Kyrgyzstan’s President Says He Is Resigning to Avoid Violence

Supporters of Kyrgyzstan's Prime Minister Sadyr Japarov attend a rally in Bishkek, Kyrgyzstan, Oct. 15, 2020. Kyrgyzstan President Sooronbai Jeenbekov announced his resignation in a bid to end the turmoil that has engulfed the Central Asian nation. (AP Photo/Vladimir Voronin

 

The president of Kyrgyzstan said Thursday he was resigning following protests over a recent parliamentary election. It is the third time in 15 years that a leader of the Central Asian country has been removed by a popular uprising.

Protesters in the capital, Bishkek, celebrated the decision by President Sooronbai Jeenbekov. However, it is not clear if his resignation will stop the unrest that has brought chaos to the country since last week.

The protestors quickly demanded that the parliament be dismissed and its speaker resign from office.

One a day earlier, Jeenbekov had refused calls to resign. But the protests continued, and even the new prime minister called on him to resign.

In a statement released by the president’s office, Jeenbekov said he feared violence if he stayed in power. He noted that protesters were facing off against the police and the military.

“I don’t want to go down in history as a president who shed blood and shot at his own citizens,” he said.

Kyrgyzstan President Sooronbay Jeenbekov
Kyrgyzstan President Sooronbay Jeenbekov


Jeenbekov said the situation in Bishkek “remains tense”and that he did not want to worsen those tensions. He urged opposition politicians to get their supporters off the streets and “bring peaceful life back to the people.”

Parliament must officially approve his resignation. The speaker of the parliament, Kanat Isayev, told reporters the parliament’s members would meet Friday to consider it.

Krygyzstan is home to 6.5 million people. The country was pushed into chaos following parliamentary elections on October 4. Election officials claim that pro-government parties won the vote. But the opposition said that vote-buying and other problems influenced the results.

Protesters took to the streets, seizing government buildings and attacking some offices. The Central Election Commission cancelled the election results. The opposition then announced plans to remove Jeenbekov and form a new government.

As the protests grew, Jeenbekov announced a state of emergency in Bishkek. Government officials deployed troops to the city and ordered a curfew. The move eased tensions in the city as citizens stopped fearing the violence and destruction that they had experienced with earlier uprisings. Stores and banks reopened.

To try to stop the protests, Jeenbekov on Wednesday approved the appointment of Sadyr Zhaparov as prime minister. The former lawmaker was freed from jail by demonstrators last week. Jeenbekov also approved the newly-appointed members of Zhaparov’s new Cabinet.

Zhaparov has repeatedly demanded Jeenbekov’s resignation and promised his supporters to push for it. The Kyrgyz leader had said he would stay in the job until the political situation had calmed.

Kyrgyzstan is one of the poorest countries that gained independence from the former Soviet Union. It is a member of Russian-controlled economic and security agreements. It receives economic support from Russia.

A Russian government spokesman said Thursday that his country would “pause” its support for Kyrgyzstan because “there is no government as such, as far as we see.”

 

 

________________________________________________________________

 

Words in This Story

 

uprising – n. popular demonstrations against a government

chaos – n. complete anarchy

shed – v. to cry or to draw blood

pause – v. to stop a moment to consider the outcome of events or actions