我思う故に我あり

日常で感じかこと、考えたことを綴ります。

英会話に自信を付ける方法

Be sure to replace unhelpful thoughts or ideas with better ones.

これって、難しくないですか?と否定的に捉えてはいけませんね。(これ私への忠告)

単純な返答をしがちなのも、ボキャ不足。💦

Speakingよりなまりや癖のあるリスニングが苦手です。聴きとれないと、ほんとへこみます。

 

さぁ、頑張ってお勉強。音読にシャドウイング

鍛えるぞーーーーーーーーーーーーー!!

 

 

 

 

 

英語での会話に自信をつける方法

 

How to Gain Confidence in Your English Speaking

February 23, 2021

learningenglish.voanews.com

VOAラーニングイングリッシュでは、こんな質問を受けることがあります。「どうしたらもっと自信を持って英語を話すことができますか?」

 

これは素晴らしい質問ですね。どんな言語を学ぶにしても、もっと自信を持って話せるようになりたいものです。

 

ユリアナ・バスケスさんは英語教師です。彼女は教師のトレーニングも行っており、パナマ大学で言語研究者をしています。彼女は、自信のなさは、発音に問題があったり、語彙が豊富でなかったりすることからくると言います。

 

英語を話すときに自信がないと、気づかないうちに次のようなことをしているかもしれません:


    短いフレーズで話す
   ●   ソフトな声で話す
   ●  早口、不明瞭な発言をする

 

そこで今日は、英語力に自信をつけるためのアドバイスをいくつかご紹介します。

 

ポジティブなセルフトークを使う

 

信じられないかもしれませんが、毎日話す相手の中で一番大切なのは自分自身です。言い換えれば あなたの思考が重要なのです。

 

ですから、最初のアドバイスは、ポジティブなセルフトークを使うことです。

 

英語を話す自信がないと、「英語は難しすぎて上達しない」と自分に言い聞かせてしまうかもしれません。また、人と話すときに「英語が苦手でごめんなさい」と言ってしまうこともあるかもしれません。

 

でも、そんなことを考えたり言ったりしていると、きっと信じてしまうようになってしまいます。

 

マグディ・サレハさんは、エジプトのカイロに拠点を置く英語教師であり、ティーチャートレーナーでもあります。

 

サレハさんは、進歩には時間がかかるので、多くの英語学習者は自分自身をもっと忍耐強さを示す必要があると言います:

 

「あなたは自分自身に忍耐を持ち、自分自身とポジティブに話す必要があります。」

 

「今日はこれを学び、明日は他のことを学ぶ」というように自分自身に言い聞かせることが可能だと彼は言います。

 

ですから、次に英語を使うときは、自分や他人に言い聞かせていることに注意を払ってください。役に立たない考えやアイデアをより良いものに置き換えるようにしましょう。

 

大きな声でゆっくり話す

 

次のヒントは、大きな声で話し、スピーチのスピードを落とすことです。

 

ワシントンD.C.の語学学校で英語を教えていた時、私は生徒たちについてあることに気づきました。それは、自信のない生徒は、話し方が柔らかすぎるということです。自信のない生徒は、話し方が柔らかすぎて、うまく発音できません。何度も何度も言い直してもらうこともありました。

 

自信を持って話すためには、同じ部屋にいる誰にでも聞こえるように大きな声で話しましょう。

 

また、早口で話す場合は、スピードを落とすようにしましょう。多くの英語学習者は、ゆっくり話すと自分が未熟だと思われてしまうのではないかと心配しています。しかし、早口で話すとミスが増える可能性があります。周りの人のためにも、自分の話し方が遅いと心配しないようにしましょう。

 

完全な文章で話す

 

3つ目のコツは、完全な文で話し、可能であれば長い返事をすることです。

 

言葉に自信のない人は、話すときにはできるだけ言葉を少なくしようとするでしょう。私を信じてください:私は知っています!例えば、ブラジルを訪れたとき、ビルのドアマンにフィットネスセンターのを尋ねたことを覚えています。ポルトガル語で「こんにちは。フィットネスセンターの鍵をお願いします。」と言ったのです。

 

これは言語学習者によくある問題だとサレハさんは言います。例えば、英語学習者に好きな色は何かと聞くと、「私の好きな色は青です」というような短くて直接的な答えが返ってくるかもしれません。しかし、英語を母国語とする人は、次のような詳細で直接的ではない回答をするでしょう:

 

"まあ、正直言って、私は実際の色を持っていません。洋服を買うとしたら、ブルーかグレーのような色がいいと思います

 

完結した文章を使い、より詳細な回答をすることで、あなたが英語を話すことを恐れていないことをリスナーに示しています。

 

声を出して読む

 

さて、ヒントの4番に移ります。声に出して読むことです。

 

声に出して読むことは、自分の英語の発音に自信をつけるのに役立ちます。ですから、次にウェブサイトや本など、自分が好きなものを読むときには、数分かけて音読してみましょう。

 

バスケスさんは、可能性のある行動計画を提案しています。

 

音読する前に、最初に黙読します。2回目は、音声がある場合は、無言で読みながら話者の話を聞くことができます。次に、一人で物語を声に出して読んでみてください。次に、話し手の話を聞きながら、同時に声に出して読んでみましょう。

 

言いにくい単語をリストアップして、後で、Google翻訳などで発音を確認してみてください。

 

サラさんは、学習者が読んでいるものを楽しむべきだと付け加えます。だから、彼は読んでいる間に辞書で単語の意味をチェックするのをやめないようにアドバイスしています。

 

心配しすぎない

 

第二言語を自信を持って話すための最大の障壁の一つは、間違いを犯すことを常に心配していることです。

 

そこで、次のアドバイスです。間違いを心配しすぎないことです。

 

間違いを犯すことは言語学習の過程で自然なことだと理解してください。確かに、間違いを犯すことはあります。しかし、言語を話す目的はコミュニケーションをとることであることを心に留めておいてください。そして、多くの英語学習者は、間違いがあっても非常にうまくコミュニケーションをとることができています。

 

バスケスさんは、間違いは良いことであると指摘しています。経験を積めば積むほど、何が正しくて何が正しくないのかがわかるようになると、彼女は説明しています。

 

現実的な目標を設定する

 

最後のヒントは、現実的な目標を設定することです。

 

英語力が初級や中級レベルで、あまりにも難しいことをやろうとすると、失敗する可能性があります。これはあなたの自信を損なうことにもなりかねません。しかし、自分のレベルに合ったことをやれば、うまくいく可能性が高くなります。

 

英語を学んでいくうちに、上手にコミュニケーションをとるために必要なスキルの一部が不足するのは当然のことです。多くの場合、スキルが不足すると自信がなくなります。しかし、スキルが伸びれば、自信も伸びることを忘れないでください。

 

バスケスさんは、毎日の練習の計画を立てて、毎日最低30分は英語の練習に費やすことを学習者にアドバイスしています。

 

 

 

 

How to Gain Confidence in Your English Speaking

 

February 23, 2021


 
 
At VOA Learning English, we sometimes get questions like this: “How can I speak English with more confidence?”

That is a great question. No matter what language we are learning, we would all love to speak more confidently.

Yuliana Vasquez is an English teacher. She also trains teachers and is a language researcher at the University of Panama. She said lack of confidence can come from having trouble with pronunciation and not having a wide enough vocabulary.

If you lack confidence when you speak English, you may do one or more of these things without realizing it:

  • Speak in short phrases
  • Speak too softly
  • Speak too fast or unclearly

So today, we have several pieces of advice to help you gain confidence in your English-speaking ability.

Use positive self-talk

Believe it or not, the most important person you talk to every day is yourself. In other words: Your thoughts matter.

So our first piece of advice is to use positive self-talk.

If you lack confidence as an English speaker, you may tell yourself things like, “English is too hard and I will never improve.” When you talk to other people, you may say things like, “I’m so sorry for my English.”

But if you keep thinking and saying such things, you are sure to start believing them.

Magdi Saleh is an English teacher and teacher trainer based in Cairo, Egypt.

Saleh said many English learners need to show themselves more patience because progress takes time:.

“You have to be patient with yourself and talk positively with yourself.”

He said you can tell yourself something like, “Today, I will learn this thing and tomorrow I will learn other things.”

So the next time you are using your English, pay attention to what you tell yourself or others. Be sure to replace unhelpful thoughts or ideas with better ones.

Speak louder, slower

The next tip is to speak louder and slow down your speech.

When I taught English at a language school in Washington, D.C., I noticed something about my students: Those who lacked confidence spoke too softly. And they did not enunciate well. Often, I had to ask them to repeat themselves a few times.

To sound more confident, speak loudly enough that anyone in the same room can easily hear you.

And try to slow down your speech if you speak too fast. Many English learners worry that speaking too slow will make them sound inexperienced. But speaking too fast may cause more mistakes. So avoid worrying that you are speaking too slow for the people around you.

Speak in full sentences

Our third tip is to speak in complete sentences and give longer responses when possible.

If you are not confident in a language, you will likely try to say as little as possible when you speak. Trust me: I know! When I visited Brazil, for example, I remember asking a building doorman for the fitness center key. In Portuguese, I said just, “Good afternoon. Fitness center key, please.”

Saleh says this is a common problem for language learners. For example, if you ask an English learner what their favorite color is, they may give a short, direct response like, “My favorite color is blue.” But a native English speaker is likely to give a detailed and less direct response, like this:

“Well, to be quite honest, I don’t really have an actual color. I guess that if I were buying clothes, I would go for something like blue or grey.”

Using complete sentences and giving more detail in responses shows listeners that you are not afraid to speak English.

 

 

Read out loud

Now, we move to tip number four: Read out loud.

Reading out loud can help build confidence in how your English sounds. So the next time you are reading a website, book or something else that you enjoy, take a few minutes to read the material aloud.

Vasquez offers a possible plan of action.

Before reading aloud, read the story silently first. The second time, if there is audio, you can listen to the speaker as you read along silently. Then, try to read the story out loud alone. Then, try listening to the speaker and reading out loud at the same time.

List words you have trouble saying and then, later, check their pronunciation on Google Translate or in some other place.

Saleh adds that learners should read for pleasure and enjoy what they are reading. So he advises not stopping to check word meanings in a dictionary while reading.

Don’t worry too much

One of the biggest barriers to confidence in speaking a second language is the constant worry about making mistakes.

So our next tip is: Do not worry too much about mistakes.

Understand that making mistakes is a natural part of the language learning process. Yes, you will make mistakes. But keep in mind that the purpose of speaking a language is to communicate. And many English learners communicate very well, even with mistakes.

Vasquez notes that mistakes can be a good thing. The more experience you get, the more you will know what is and is not correct, she explains.

Set realistic goals

Our final tip is to set realistic goals.

If your English-speaking skills are at the beginner or intermediate level and you try to do something too difficult, you may fail. This can harm your confidence. But, if you do something that matches your level, you are more likely to do it well.

As you learn English, it is natural to lack some of the skills you need to communicate well. Often, when we lack skills, we lack confidence. But remember that, as your skills grow, your confidence will, too.

Vasquez advises learners to make a plan for daily practice and spend at least 30 minutes each day practicing your English.

 

 

 

______________________________________________________________

 

Words in This Story

 

confidence –n. the feeling or belief that you can do something well or succeed

pronunciation –n. the way in which a word is spoken

vocabulary –n. the set of words that a person knows

phrase –n. a group of words that express an idea but do not form a sentence

positive –adj. good or useful

enunciate –v. to pronounce words clearly and understandably

key –n. a special piece of metal used to open a lock

guess –v. to suppose, to think that something might be the case

silently –adv. quietly, without sound

intermediate –adj. relating to a level of knowledge that is not of a beginner or of an expert