我思う故に我あり

日常で感じたこと、考えたことを綴ります。

HIV感染のママ、母乳で子育て可能に

HIV感染のママと赤ちゃんに朗報です!!

初乳はママが赤ちゃんにあげる最初の偉大なる贈り物。

よかったですね〜

 

 

 

 

Doctors’ Group: Mothers with HIV Can Breastfeed

May 27, 2024

 

This 2021 photo provided by Ci Ci Covin shows her nursing her newborn, Zuri, in Philadelphia.(Courtesy Ci Ci Covin via AP)
This 2021 photo provided by Ci Ci Covin shows her nursing her newborn, Zuri, in Philadelphia.(Courtesy Ci Ci Covin via AP)

A top U.S. pediatricians’ group is making a major policy change about breastfeeding by women with HIV.

The group says women infected with HIV can breastfeed their babies as long as they are taking medications that suppress the virus that causes AIDS.

The new report from the American Academy of Pediatrics (AAP) changes guidance the group had in place since the start of the HIV epidemic in the 1980s.

The group said currently available drugs can reduce the risk of spreading HIV through breast milk to less than one percent, said Dr. Lisa Abuogi. She is a pediatric HIV expert at the University of Colorado and lead writer of the report.

The medications are so good now and the benefits for mom and baby are so important that we are at a point where it is important to engage in shared decision-making,” Abuogi said.

The drugs are known as antiretroviral therapy. They do not remove all risk of spreading HIV through breast milk. Avoiding breastfeeding is the only sure way to prevent spreading the virus, Abuogi said.

Also, parents must only breastfeed for the babies' first six months. Research shows that switching between breast milk and formula can disrupt an infant's digestion in ways that increase the risk of HIV infection.

About 5,000 people who have HIV give birth in the U.S. each year. Nearly all take drugs to suppress the virus to very low levels, Abuogi said. But viral levels can increase if they do not stay on them.

The medications became widely available starting about 10 years ago. Before then, about 30 percent of HIV infections transmitted from moms to babies occurred during breastfeeding, said Dr. Lynne Mofenson. She is an adviser to the Elizabeth Glaser Pediatric AIDS Foundation. In the early 1990s, about 2,000 infections occurred in U.S. infants each year. Today, it is fewer than 30.

The new AAP policy comes more than a year after government agencies changed their advice. The National Institutes of Health (NIH) and the Centers for Disease Control and Prevention (CDC) changed their recommendations against breastfeeding by people with HIV. The new guidance said people who have viral suppression should be advised about their choices. Those agencies also said that health care providers should not report to child protective services agencies if a parent with HIV seeks to breastfeed.

Research says breastfeeding provides the best nutrition for babies and protects them against sickness and conditions like obesity and type 2 diabetes. Nursing also reduces the mother’s risk of breast and ovarian cancer, diabetes and high blood pressure.

The World Health Organization (WHO) has recommended since 2010 that women with HIV in developing countries breastfeed their infants and have antiretroviral therapy. The guidance weighed the risk of infants getting HIV through breastfeeding and the risk of babies dying from malnutrition, diarrhea and pneumonia. In developing countries, safe replacements for breast milk are often not available.

Dr. Lynn Yee is a Northwestern University women’s health doctor who helped write the NIH guidance. She said experts in developed nations had recommended against breastfeeding. That is because of the wide availability of safe water, formula, and human donor milk, which could remove the risk of HIV infection, Yee added.

That upset people with HIV, who were not given the choice to nurse.

Ci Ci Covin is a 36-year-old from Philadelphia, Pennsylvania. She said she was told she was infected with HIV at age 20. She said she was not permitted to breastfeed her first child, Zion, who is now 13.

Covin said not being able to nurse her son led to postpartum depression. When she became pregnant with her daughter, Zuri, who is now 2-years-old, health care workers helped her breastfeed successfully for seven months. Covin took her medication, and her baby was given drugs to prevent infection.

“Breast milk has everything in it that my baby would need,” Covin said. “That's a beautiful thing.”

Abuogi said the AAP report provides important guidance for pediatricians, nurses and breastfeeding specialists who work with children and families.

Some providers ignored the earlier recommendations and helped women being treated for HIV to nurse their babies. The new guidance should expand such nursing, hopefully quickly, Abuogi said.

 

 

Words in This Story

pediatrician — n. a doctor who treats children

benefit — n. a good result that comes from doing a certain thing

engage — v. to carry out or to do

formula –n. artificial mother’s milk

disrupt –v. to interfere with a process or activity

digestion –n. the process of consuming and processing nutrients and removing waste

obesity — n. the condition of being very overweight

nurse –v. to breastfeed a baby

postpartum — adj. taking place after childbirth

 

 

 

 

 

医師団: HIV感染の母親、母乳で育てることが可能に

 

米国のトップ小児科医グループが、HIV感染女性の母乳育児について大きな方針転換を行おうとしています。

 

同グループによれば、HIVに感染している女性は、AIDSを引き起こすウイルスを抑制する(suppresssəprés】)薬を服用している限り、赤ちゃんに母乳を与えることができると言います。

 

米国小児科学会(AAP)の新しい報告書は、1980年代のHIV流行開始以来、同学会が実施してきた指針を変更しています。

 

同団体は現在入手可能な薬剤は、母乳を通してHIVに感染するリスクを1%未満に減少させることが可能であると言っているとリサ・アブオギ博士は述べています。彼女はコロラド大学の小児HIV専門家であり、報告書の主執筆者です。

 

「現在、薬効は非常に優れており、お母さんと赤ちゃんにとってのメリットも非常に重要であるため、意思決定の共有が重要な段階に来ています」とアブオギ氏は述べています。

 

この薬は抗レトロウイルス療法として知られています。母乳を通してHIVに感染する全てのリスクを取り除くことはできません。授乳を避けることがウイルス感染を防ぐ唯一の確実な方法なのだ、とアブオギ氏は言います。

 

また、親が母乳を与えるのは、赤ちゃんの最初の6ヵ月間だけでなければなりません。母乳と粉ミルクformulaを切り替えると、乳児の消化digestionが阻害され、HIV感染のリスクが高まるという研究結果もあります。

 

米国では毎年約5,000人のHIV感染者が出産しています。ほぼ全員が、ウイルスを非常に低いレベルまで抑制する薬を服用している、とアブオギ氏は言います。しかし、服用を続けなければウイルスレベルは上昇する可能性があります。

 

この薬は10年ほど前から広く利用できるようになりました。それ以前は、母親から赤ちゃんに感染するHIVの約30パーセントは授乳中に感染していた、とリン・モフェンソン博士は言います。彼女はエリザベス・グレーザー小児エイズ財団の顧問です。1990年代初頭には、米国の乳児に毎年約2,000件の感染が起こっていました。現在では30人以下です。

 

AAPの新しい方針は、政府機関が助言を変更した1年以上後に発表されました。米国立衛生研究所(NIH)と米疾病対策予防センター(CDC)は、HIV感染者の母乳育児に対する勧告を変更しました。新しいガイダンスでは、ウイルスが抑制されている人は、その選択について助言されるべきであると述べています。これらの機関はまた、HIVに感染した親が母乳で育てようとする場合、医療提供者は児童保護サービス機関に報告すべきではないとしています。

 

研究では、母乳育児は赤ちゃんに最高の栄養を与え、病気や肥満obesity、2型糖尿病type 2 diabetesなどの症状から赤ちゃんを守るとしています。授乳はまた、母親の乳がん卵巣がんovarian cancer、糖尿病diabetes、高血圧high blood pressure.のリスクを軽減します。

 

世界保健機関(WHO)は2010年以降、発展途上国in developing countriesHIV感染女性に対し、乳児に母乳を与え、抗レトロウイルス療法を受けることを推奨しています。この指針は、母乳育児によって乳児がHIVに感染するリスクと、栄養失調malnutrition、下痢diarrhea、肺炎pneumoniaで乳児が死亡するリスクを天秤にかけたものです。発展途上国では、母乳に代わる安全な薬が入手ができないことが多いのです。

 

リン・イー博士はノースウエスタン大学の女性保健医で、NIHガイダンスの執筆に協力しました。彼女は、先進国の専門家は母乳育児を推奨していると言います。それは、安全な水、粉ミルク、そしてHIV感染のリスクを取り除くことができるヒトのドナーミルクが広く利用可能であるためである、とイー氏は付け加えています。

 

これは、授乳する選択肢を与えられなかったHIV感染者を動揺させました。

 

ペンシルベニア州フィラデルフィアに住む36歳のシー・コーヴィンさん。彼女は20歳のときにHIVに感染していることを告げられたと言います。現在13歳になる最初の子供、シオンに母乳を与えることは許されなかったと言います。

 

コヴィンさん、息子に授乳できなかったことが産後うつpostpartum depressionにつながったと語りました。現在2歳になる娘のズリちゃんを妊娠したとき、彼女は医療従事者に助けられ、7ヵ月間授乳に成功しました。コヴィンさんは薬を服用し、赤ちゃんには感染を防ぐための薬を飲ませました。

 

「母乳には赤ちゃんに必要なものがすべて入っています。」「それは素晴らしいことです」とコヴィンさん言います。

 

アブオギ氏は、AAPの報告書は小児科医、看護師、母乳育児の専門家など、子供や家族に関わる人々に重要な指針を与えていると言います。

 

以前の勧告を無視し、HIVの治療を受けている女性が赤ちゃんに授乳するのを手助けする医療者もいました。新しいガイダンスは、そのような授乳を、できれば迅速に拡大するものである、とアブオギ氏は述べています。

 

 

2ヶ月で火星へ

パルス・プラズマ・ロケット(PPR)と呼ばれる新しいエンジンが火星への旅を大幅に短縮してくれるそうです。

また、このようなシステムは、より重い宇宙船を推進し、宇宙のより遠い地域へのより長い旅をサポートすることができると言います。

銀河への夢が現実になる日もそう遠くないのかもしれませんね!!

 

 

 

 

New Rocket Engine Could Cut Travel Time to Mars from Years to Months

NASA’s Curiosity Mars rover used its black-and-white navigation cameras to capture panoramas at two times of day on April 8, 2023. (Image Credit: NASA/JPL-Caltech)
NASA’s Curiosity Mars rover used its black-and-white navigation cameras to capture panoramas at two times of day on April 8, 2023. (Image Credit: NASA/JPL-Caltech)

A private company is working with the American space agency NASA to develop a new rocket that could greatly reduce space travel times.

The engine for such a rocket will be designed to sharply increase the amount of thrust to speed up space travel and improve rocket efficiency.

Thrust is the force that pushes a spacecraft through the air. It is produced by a propulsion system. Generally, a gas or liquid fuel is burned to produce thrust from the back of a spacecraft to propel it forward at high-speed.

The new design, called Pulsed Plasma Rocket (PPR), is being developed by Arizona-based company Howe Industries. The company is currently in the early stages of studying the technology before building working engine models.

In a recent statement, Howe Industries said such rocket technology will be needed to support NASA’s plans to return humans to the moon and after that, possibly Mars. The space agency has also set a goal to build a long-term base in space. But one barrier to all these plans is the long travel times necessary with current spacecraft systems.

This image shows an artist's concept of the Pulsed Plasma Rocket, which is being developed by Arizona-based company Howe Industries. (Image Credit: Howe Industries)
This image shows an artist's concept of the Pulsed Plasma Rocket, which is being developed by Arizona-based company Howe Industries. (Image Credit: Howe Industries)

NASA estimates the moon sits an average of about 382,500 kilometers from Earth. The exact distance changes because of the moon’s orbit around Earth. The average distance from Earth to Mars is 225 million kilometers.

NASA says a trip to Mars with existing spacecraft would take at least 200 days each way. Developers of the proposed Pulsed Plasma Rocket have said it could reduce travel time to the Red Planet to about two months each way.

Howe Industries said its new design gives the rocket the ability to reach extremely high speeds to complete “reasonable” space travel times. The development team estimates its PPR system could produce up to 100,000 N of thrust. The ‘N’ at the end of the number stands for Newtons, a unit of measurement for thrust.

NASA has described its Space Launch System (SLS) as the most powerful ever built. The agency has said the SLS rocket system is expected to provide nearly 53 N of thrust during space travel.

This illustration shows NASA’s new rocket, the Space Launch System (SLS), in its Block 1 crew vehicle setup that will send astronauts to the Moon on the Artemis missions. For the rocket’s first flight on the Artemis I mission, it will send an uncrewed Ori
This illustration shows NASA’s new rocket, the Space Launch System (SLS), in its Block 1 crew vehicle setup that will send astronauts to the Moon on the Artemis missions. For the rocket’s first flight on the Artemis I mission, it will send an uncrewed Ori

Developers of PPR say that in addition to a huge increase in thrust, the new design also provides a “specific impulse” rate of 5,000. Specific impulse is a method for measuring – in seconds –thrust and efficiency levels of rocket engines. The higher this rate is, the more efficient the rocket system is. By comparison, the SLS rocket has specific impulse rates below 500.

Officials at Howe have said the PPR is based on another plasma-based technology known as pulsed fission fusion. NASA says this process involves quickly pressing plasmas into high pressures to produce thrust. But the developers say the PPR system is smaller, simpler and costs less to operate.

Howe’s statement introducing the technology said the combination of extremely high thrust and higher specific impulse rate “holds the potential to revolutionize space exploration.”

 

The team said such a system should be able to propel much heavier spacecraft and support much longer trips to more distant areas of space. The planned system could also make it easier for spacecraft to be equipped with heavy shields to protect traveling astronauts from Galactic Cosmic Rays. These are highly energetic particles that move through space at nearly the speed of light. The rays can be harmful to humans in large amounts.

The PPR project is one in a series of NASA development projects that recently received additional financial assistance to keep running. The projects are part of a NASA program called Innovative Advanced Concepts (NIAC).

PPR is currently in Phase I of development. The team said if chosen by NASA to continue with Phase II, it will be centered on improving the performance of the proposed engine, as well as carrying out experiments on major engine systems. The last phase will involve completing a spaceship design for carrying humans to Mars.

 

Words in This Story

efficient – adj. working well and not wasting time or energy

propulsion – n. a force that pushes something forward

plasma – n. a collection of charged particles

potential – n. possible

phase – n. a specific period during which something happens

 

 

 

 

 
 
 

ロケットエンジンで火星への所要時間を数年から数ヶ月に短縮可能(和訳)

NASA’s Curiosity Mars rover used its black-and-white navigation cameras to capture panoramas at two times of day on April 8, 2023. (Image Credit: NASA/JPL-Caltech)
2023年4月8日、NASAの火星探査機キュリオシティは、白黒ナビゲーションカメラを使って2つの時間帯のパノラマを撮影した。(画像出典:NASA/JPL-Caltech

民間企業がアメリカの宇宙機NASAと共同で、宇宙旅行時間を大幅に短縮できる新型ロケットの開発に取り組んでいます。

 

このようなロケットのエンジンは、宇宙旅行を加速させ、ロケットの効率を向上させるために、推力thrustを大幅に増加させるように設計されています。

 

推力とは、宇宙船を空中に押し出す力のことです。推進システムpropulsion systemによって生み出されます。一般的には宇宙船の後方から推力を発生させ、高速で前方に動かすpropelためにガスや液体燃料を燃焼させます。

 

パルス・プラズマ・ロケット(PPR)と呼ばれる新しい設計は、アリゾナ州を拠点とするハウ・インダストリーズ社によって開発されています。同社は現在、実用エンジン・モデルworking engine modelsを製作する前に、この技術を研究している初期段階にあります。

 

ハウ・インダストリーズ社は最近の声明で、このようなロケット技術は、NASAが月に人類を帰還させる計画をサポートするために必要であり、その後、火星にも可能性があると述べています。宇宙機関はまた、宇宙に長期基地を建設するという目標を掲げています。しかし、これらすべての計画に対する障壁のひとつは、現在の宇宙船システムで必要な長い移動時間です。

 

This image shows an artist's concept of the Pulsed Plasma Rocket, which is being developed by Arizona-based company Howe Industries. (Image Credit: Howe Industries)

この画像は、アリゾナ州を拠点とするハウ・インダストリーズ社が開発中のパルス・プラズマ・ロケットのコンセプト (画像出典:ハウ・インダストリーズ)


NASAは、月が地球から平均約382,500km離れていると推定しています。正確な距離は、月が地球を回る軌道のために変化します。地球から火星までの平均距離は2億2,500万kmです。

 

NASAによれば、既存の宇宙船で火星に行くには、片道少なくとも200日はかかると言います。提案されているパルス・プラズマ・ロケットの開発者は、赤い惑星までの移動時間を片道約2ヶ月に短縮できると述べています。

 

ハウ・インダストリーズ社によれば、その新しい設計により、ロケットは”合理的な”宇宙旅行時間を完了するために極めて高速に到達する能力を備えている言っています。開発チームは、そのPPRシステムが最大100,000Nの推力を生み出すと見積もっています。数字の最後の’N’はニュートンを表し、推力の測定単位です。

 

NASAは、宇宙ロケット打ち上げシステム(SLS)を史上最強のものとしています。同機関によると、SLSロケットシステムは宇宙旅行中に53N近い推力を提供する見込みだと言っています。

 

This illustration shows NASA’s new rocket, the Space Launch System (SLS), in its Block 1 crew vehicle setup that will send astronauts to the Moon on the Artemis missions. For the rocket’s first flight on the Artemis I mission, it will send an uncrewed Ori

この図は、アルテミスミッションで宇宙飛行士を月へ送るNASAの新型ロケット、スペース・ローンチ・システム(SLS)のブロック1クルービークルのセットアップを示す。ロケットの初飛行となるアルテミスIミッションでは、未搭乗のオリ宇宙飛行士を月へ送り込む。

 


PPRの開発者によれば、推力の大幅な増加に加え、新しい設計では「比推力」が5,000になると言います。比推力とは、ロケットエンジンの推力と効率レベルを秒単位で測定する方法です。比推力が高ければ高いほど、ロケットシステムの効率が高いことを意味します。これに比べ、SLSロケットの比推力は500以下です。

 

※比推力=推力/推進剤重量消費率

比推力の単位は時間の単位となり,単位推力を単位重量の 推進剤で維持できる時間となる.噴射ガスの排気速度を重 力加速度で割った値も等しい値を示すので,この定義も比 推力として使用される.比推力が高いほど,多くのペイロ ードを軌道に投入できるので,性能がよいエンジンと評価 される. 

(I-stage 比推力と推力より 

https://www.jstage.jst.go.jp/article/kjsass/53/619/53_256/_pdf/-char/ja

 

ウ社の関係者は、PPRはパルス核分裂融合pulsed fission fusionとして知られる別のプラズマベースの技術に基づいていると述べています。NASAによると、このプロセスではプラズマを素早く高圧にし、推力を生み出すと言っています。しかし開発者によれば、PPRシステムはより小型でシンプルであり、運用コストも少なくて済むと言います。

 

この技術を紹介したハウ氏の声明によると、極めて高い推力と高い比推力率の組み合わせは、”宇宙探査に革命を起こす可能性を秘めている ”と言っています。

 

 

研究チームは、このようなシステムは、より重い宇宙船を推進し、宇宙のより遠い地域へのより長い旅をサポートすることができるはずだと述べています。計画されているシステムは、銀河宇宙線Galactic Cosmic Raysから宇宙飛行士を守るために、宇宙船に重いシールドを装備することを容易にする可能性もあります。銀河宇宙線とは、宇宙空間をほぼ光速で移動する高エネルギーの粒子です。この光線は、大量に浴びると人体に有害となるのです。

 

PPRプロジェクトは、NASAの一連の開発プロジェクトのひとつで、最近、継続的な実行のための追加資金援助を受けました。これらのプロジェクトは、革新的先端概念Innovative Advanced Concepts (NIAC)と呼ばれるNASAのプログラムの一部です。

 

PPRは現在、開発フェーズIにあります。チームは、もしNASAがフェーズIIを継続することを決めた場合、提案されたエンジンの性能向上と主要なエンジンシステムに関する実験が中心になると述べています。最終段階では、火星に人類を運ぶための宇宙船の設計を完成させる予定です。



新しい味が続々店頭へ

これもある意味新時代!!

新しい味を試すのはお好きですか?

聞きながら、口の中に広がる創造の味は、う〜ん?

 

早速あなたもお試しあれ!!

 

 

 

New Food Flavors Coming to Stores

Ben Van Leeuwen scoops Kraft Mac & Cheese flavored ice cream Wednesday, May 15, 2024, in the Brooklyn borough of New York. (AP Photo/Frank Franklin II)
Ben Van Leeuwen scoops Kraft Mac & Cheese flavored ice cream Wednesday, May 15, 2024, in the Brooklyn borough of New York. (AP Photo/Frank Franklin II)

In New York, Van Leeuwen Ice Cream brings people in with classic flavors like vanilla and pistachio. But, sometimes, the ice cream maker adds what it calls a “shock flavor,” like Hidden Valley Ranch or pizza, to the treat.

Recently, chocolate maker Hershey added pink lemonade, a summer drink flavor, to its candy Kit Kats. And Frito-Lay introduced potato chips that taste like strawberries with a little bit of bacon.

Not to be outdone, Britain’s food company Little Moons produced fish-and-chip mochi ice cream flavor while Walkers celebrated the holidays with a potato chip flavor of Brussels sprouts.

Usually, these flavor combinations are introduced for a limited time. But sometimes the flavors are so popular that they become permanent additions. That is what happened with Frito-Lay’s Flamin’ Hot Dill Pickle chips in 2019.

While it would be easy to say the new and surprising flavors are produced to get attention on social media, experts say there is more to the story.

They say food companies are reacting to people’s changing and expanding tastes while also trying to stay current and win over space in stores.

Kristen Braun works for Chicago-based food and drink company Mondelez International. She says people now want more than just one flavor and “companies are finding the freedom to explore a little bit more and get more creative.”

Mondelez plans to release Sour Patch Kids Oreos – a kind of sweet vanilla cream-filled cookies combined with sour candies. The flavor is one of more than ten different Oreo flavors being sold this year for a limited time of nine weeks.

Mark Lang teaches food marketing at the University of Tampa in Florida. He said that manufacturers and their suppliers have increased their ability to create such products. That has made it easier for them to experiment and put out limited editions more often.

Kyle Shadix is a research chef for the drink company PepsiCo. He said members of Generation Z, born between 1997 and 2012, are also fueling new ideas.

Shadix is currently experimenting with Mexican, Korean and Japanese flavors. “Gen Z is going to drive us faster. We’re going to start to see even more exploration quicker than in the past because they’re just so open to it.”

Experimenting with new flavors can increase sales in several ways. Sometimes they bring in new buyers to a product. And sometimes they also influence buyers to pick up more of the original flavor.

Russell Zwanka is director of the food marketing program at Western Michigan University. He said, “Sour Patch Oreos sound interesting, but nobody wants to risk buying Oreos that don’t taste good, so people buy both.”

When companies combine products, they are trying to build a link in people’s minds. For example, Lang said when Pepsi combined its drink with Peeps candy flavor, it sent a message that Pepsi is current and fun.

But new flavor combinations do not always work.

Ben Van Leeuwen, the founder of the ice cream company bearing his name, said he could not eat more than a few bites of his company’s Hidden Valley Ranch ice cream. It contained onion and garlic powders. And the “shock flavor” did not become a permanent part of his company’s offerings because of their lower “eat-ability,” he said.

But Lang thinks the more time people spend in restaurants or trying out new foods, the more they seek out unusual flavors.

He said as humans, “We like to experiment.”


Words in This Story

shock – adj. used to describe something that surprises and usually upsets people

flavor – n. the quality of something that you can taste

edition – n. a particular version of a product

chef – n. a professional cook who usually is in charge of a kitchen in a restaurant

original – adj. happening or existing first or at the beginning

 



 

 

 

新しい食品フレーバーが店頭に登場(和訳)

Ben Van Leeuwen scoops Kraft Mac & Cheese flavored ice cream Wednesday, May 15, 2024, in the Brooklyn borough of New York. (AP Photo/Frank Franklin II)


ニューヨークのヴァン・ルーウェン・アイスクリームは、バニラやピスタチオといった定番フレーバーで人々を魅了しています。しかし、時にはヒドゥン・バレー・ランチやピザのような”衝撃的なフレーバー”を加えることもあります。

最近では、チョコレート・メーカーのハーシーが、キャンディのキットカットに夏のドリンク・フレーバーであるピンク・レモネードを加えました。また、フリトレーは、イチゴにベーコンを少し加えたような味のポテトチップスを発売しました。

 

負けないように、イギリスの食品会社リトル・ムーンズは、フィッシュ&チップスのもちアイス味を作り、ウォーカーズは芽キャベツBrussels sprouts)のポテトチップス味でホリデーを祝いました。

 

通常、こうしたフレーバーの組み合わせは期間限定で発売されます。しかし、そのフレーバーが人気を博し、恒久的な追加フレーバーとなることもあります。2019年にフリトレーが発売したFlamin’ Hot Dill Pickle chipsフラミンホットディルピクルスがそうです。

Flamin’ Hotフレーバ(激辛フレーバ)とディルピクルスのピリッとした味を組み合わせて、他にはないユニークなおいしいフレーバを生み出しているそうですよ。

www.lays.com

 

意外性のある新フレーバーは、ソーシャル・メディアで注目を集めるために作られたものだと言うのは簡単ですが、専門家はそれ以上の理由があると言います。

 

彼らは、食品会社は人々の嗜好の変化や拡大に反応すると同時に、時流に乗り遅れずに店頭のスペースを獲得しようとしているのだと言います。

 

クリステン・ブラウン氏さん、シカゴを拠点とする食品・飲料会社モンデリーズ・インターナショナルに勤務しています。彼女は、人々は今、ひとつの味以上のものを求めており、”企業は、もう少し探求し、より創造的になる自由を見出している”と言います。

 

モンデリーズは、サワーパッチ・キッズ・オレオを発売する予定です。これは、甘いバニラクリーム入りのクッキーに酸っぱいキャンディを組み合わせたものです。このフレーバーは、今年9週間の期間限定で販売される10種類以上のオレオ・フレーバーのひとつです。

 

マーク・ラング氏は、フロリダ州のタンパ大学で食品マーケティングを教えています。彼は、メーカーとそのサプライヤーは、このような商品を作る能力を高めていると言います。そのため、実験的な限定商品を頻繁に出すことが容易になったのです。

 

カイル・シャディックス氏は飲料会社ペプシコの研究シェフです。彼によれば、1997年から2012年に生まれたジェネレーションZのメンバーもまた、新しいアイデアに拍車をかけていると言います。

 

シャディックスは現在、メキシコ、韓国、日本の味を試しています。「ジェネレーションZは私たちをさらに加速させるでしょう。彼らは非常にオープンなので、私たちは過去よりもさらに早く探求を始めるでしょう。」

 

新しい味を試すことは、いくつかの方法で売り上げを伸ばすことができます。新しいフレーバーは、その製品に新しい購買層をもたらすこともあります。また、バイヤーがオリジナルのフレーバーをもっと手に取るようになることもあります。

 

ラッセル・ズワンカ氏は、ウェスタン・ミシガン大学の食品マーケティング・プログラムのディレクターです。「サワーパッチ・オレオは面白そうだが、おいしくないオレオを買うリスクは誰も負いたくありません。」

 

企業が製品を組み合わせるとき、人々の頭の中にリンクを築こうとしています。例えば、ラング氏は、ペプシがその飲料とピープスキャンディ味を組み合わせたとき、ペプシは今風で楽しいというメッセージを送ったと言います。

アメリカのマシュマロPeeps社のウサギ型マシュマロ歌詞とのコラボ商品だそうですよ。

www.peepsbrand.com

 

しかし、新しい味の組み合わせがいつもうまくいくとは限りません。

 

自分の名前を冠したアイスクリーム会社の創業者、ベン・ヴァン・ルーウェン氏は、自社のヒドゥン・バレー・ランチ・アイスクリームを数口しか食べられなかったと言います。オニオンパウダーとガーリックパウダーが入っていたのです。”衝撃的なフレーバー”は、”食べやすさ”が低いため、彼の会社の製品の恒久的な一部にはならなかったと彼は言います。

 

しかしラング氏は、人々がレストランで過ごす時間が長くなればなるほど、あるいは新しい食品を試せば試すほど、珍しい味を求めるようになると考えています。

 

人間として、「私たちは実験が好きなのです 」と彼は言っています。

 

AI内蔵の新型PC

まさに NEW ERA 到来です!!!

これまで”才能”の言われてきたクリエーティブな領域もPCに置き換わられるのです。人間としての存在意義は統制と管理になるのでしょうか。

まさに”新時代”!!

 

 

Microsoft Announces New PCs with Built-in AI

Brett Ostrum, Microsoft corporate vice president of Surface, holds up the new Surface Laptop and Surface Pro with built-in AI at an event of the company's AI assistant, Copilot, Monday, May 20, 2024, in Redmond, Wash. (AP Photo/Lindsey Wasson)
Brett Ostrum, Microsoft corporate vice president of Surface, holds up the new Surface Laptop and Surface Pro with built-in AI at an event of the company's AI assistant, Copilot, Monday, May 20, 2024, in Redmond, Wash. (AP Photo/Lindsey Wasson)

American software maker Microsoft says it will release new computer models with built-in artificial intelligence (AI) tools.

The new computers will be equipped with a new version of Microsoft’s existing AI tool, called Copilot. Copilot can operate across a series of Microsoft business products.

The Copilot service is based on OpenAI’s ChatGPT tool, which launched in late 2022. ChatGPT is an AI tool designed to interact smoothly with humans and perform high-level writing and creative work. Such tools are also known as chatbots or generative AI.

Microsoft is a major investor in OpenAI. It is providing computing power and support for ChatGPT’s operations.

Microsoft CEO Satya Nadella speaks during a showcase event of the company's AI assistant, Copilot, ahead of the annual Build developer conference at Microsoft headquarters, Monday, May 20, 2024, in Redmond, Wash. (AP Photo/Lindsey Wasson)
Microsoft CEO Satya Nadella speaks during a showcase event of the company's AI assistant, Copilot, ahead of the annual Build developer conference at Microsoft headquarters, Monday, May 20, 2024, in Redmond, Wash. (AP Photo/Lindsey Wasson)

Microsoft recently introduced the new tools at an event at its headquarters in Seattle, Washington. Chief executive Satya Nadella announced that the new computers will come loaded with the new Copilot+ system. The company said these new Windows-based PCs – which it calls “AI-ready” – will be “the fastest, most intelligent” ever built.

The event came one day before Microsoft’s yearly developer conference. That is where Microsoft introduces its latest new products and services to developers and the public.

The announcement is Microsoft’s latest move to deploy OpenAI’s technology through Copilot to many product offerings. The system is already available for the company’s Teams, Outlook, Bing search engine and Windows operating system.

Microsoft said its AI-based PCs will start being released on June 18 on the company’s own Surface models. It will also be on PCs produced by partners. These include Lenovo, Dell, Acer and HP.

A person takes a cellphone video as Microsoft CEO Satya Nadella speaks during a showcase event of the company's AI assistant, Copilot, at Microsoft headquarters, Monday, May 20, 2024, in Redmond, Wash. (AP Photo/Lindsey Wasson)
A person takes a cellphone video as Microsoft CEO Satya Nadella speaks during a showcase event of the company's AI assistant, Copilot, at Microsoft headquarters, Monday, May 20, 2024, in Redmond, Wash. (AP Photo/Lindsey Wasson)

"These improvements provide the most compelling reason to upgrade your PC in a long time," said Microsoft Vice President Yusuf Mehdi.

Microsoft said the AI operations on the new PCs will take place on the device itself rather than a cloud server. This means users will not have to wait for information to be sent to and from the company’s data centers or pay extra money for this service.

Microsoft has also promised that any tracking activity will only be done and saved on the device, not on company servers. Users will also be able to choose not to be tracked, the company added.

The Copilot+ AI offerings include live language translation and image creation. It also offers the ability to interact with the PCs through voice commands instead of clicking to perform certain jobs.

The new offerings also include a tool called Windows Recall. This gives the Copilot+ assistant what Microsoft describes as a “photographic memory” of a person's computer activity. The tool is designed to remember the things a user does on the PC in an effort to predict what the user might want to do next.

Brett Ostrum, Microsoft corporate vice president of Surface, shows a new Surface Laptop and Surface Pro with built-in AI during an event at Microsoft headquarter,s Monday, May 20, 2024, in Redmond, Wash. (AP Photo/Lindsey Wasson)
Brett Ostrum, Microsoft corporate vice president of Surface, shows a new Surface Laptop and Surface Pro with built-in AI during an event at Microsoft headquarter,s Monday, May 20, 2024, in Redmond, Wash. (AP Photo/Lindsey Wasson)

It's a step toward machines that “instantly see us, hear, reason about our intent and our surroundings,” Microsoft’s Nadella said. He added: “We’re entering this new era where computers not only understand us, but can actually anticipate what we want and our intent."

Nadella's announcement on AI comes shortly after some other major technology players announced new releases of their latest AI assistance systems.

Last week, Google introduced an improved search engine that shows brief AI-produced results before direct website links. The company also showed off an AI assistant called Astra, which is still in development. Astra is designed to be able to “see” and talk about things shown through a smartphone’s camera.

OpenAI introduced its latest chatbot version, ChatGPT-4o last week. Company officials demonstrated the new tool, which showed improved human characteristics that can give opinions about things. The new version also comes with tools that aim to judge a person’s emotions.

 

 

 

 

Words in This Story

 

compelling – adj. very exciting or interesting and making you want to watch, listen, etc.

upgrade – v. to improve something so that it is of a higher quality or a newer model

track – v. to follow the online activities of a user

translate – v. to change written or spoken words from one language to another

intent – n. what a person wants and plans to do

anticipate – v. to expect something or to prepare for something before it happens

characteristic – n. a typical quality that makes one person or thing different from others

 

 





 

 

 

マイクロソフト、AI内蔵の新型PCを発表(和訳)

Brett Ostrum, Microsoft corporate vice president of Surface, holds up the new Surface Laptop and Surface Pro with built-in AI at an event of the company's AI assistant, Copilot, Monday, May 20, 2024, in Redmond, Wash. (AP Photo/Lindsey Wasson)

 

米ソフトウェアメーカーのマイクロソフトは、人工知能(AI)ツールを組み込んだ新しいコンピューターモデルを発表すると発表しました。

 

新しいコンピューターには、マイクロソフトの既存のAIツール コパイロットCopilotの新バージョンが搭載されます。コパイロットは、マイクロソフトの一連のビジネス製品で利用できます。

※Microsoft365Copilotの無償版は、2023年9月26日からWindowsの無償アップロードとして提供を開始しています。

 

パイロットサービスは、2022年後半に開始されたオープンAIのChatGPTツールをベースにしています。ChatGPTは、人間とスムーズに対話し、高度なライティングやクリエイティブな作業を行うように設計されたAIツールです。このようなツールはチャットボットや生成AIとしても知られています。

 

マイクロソフトはオープンAIの主要投資家です。ChatGPTの運営に計算能力(computing power)とサポートを提供しています。

 

Microsoft CEO Satya Nadella speaks during a showcase event of the company's AI assistant, Copilot, ahead of the annual Build developer conference at Microsoft headquarters, Monday, May 20, 2024, in Redmond, Wash. (AP Photo/Lindsey Wasson)

2024年5月20日月曜日、ワシントン州レドモンドのマイクロソフト本社で開催される年次開発者会議「Build」に先立ち、同社のAIアシスタント「Copilot」のショーケース・イベントでスピーチするマイクロソフトのサティア・ナデラCEO(AP Photo/Lindsey Wasson)


マイクロソフトは先日、ワシントン州シアトルの本社で開催されたイベントで、新しいツールを紹介しました。サティア・ナデラ最高経営責任者は、新しいコンピューターには新しいコパイロット+システムが搭載されると発表しました。同社は、”AI対応”と呼ぶこれらの新しいWindowsベースのPCは、これまでに作られた中で”最も高速で、最もインテリジェント”なものになると述べています。

 

このイベントは、マイクロソフトの年次開発者会議の前日に開催されました。この会議は、マイクロソフトが最新の新製品やサービスを開発者や一般ユーザーに紹介する場です。

 

今回の発表は、コパイロットを通じてオープンAIの技術を多くの製品に展開するマイクロソフトの最新の動きです。このシステムはすでに、同社のティームス(Teams)、アウトルック(Outlook)、ビング(Bing)検索エンジン、ウインドウズ(Windowsオペレーティングシステム(OS)で利用可能です。

 

マイクロソフトによると、AIを搭載したPCは6月18日にサーフェスSurface)の自社モデルでリリースが開始されます。また、パートナーが製造するPCにも搭載される予定です。レノボ、デル、エイサー、HPなどです。

マイクロソフトの副社長であるユセフ・メフディ氏は、「これらの改善は、PCをアップグレードする最も説得力のある理由を提供します」と述べています。

 

マイクロソフトによると、新しいPCのAI操作はクラウドサーバーではなく、デバイス自体で行われると言います。つまり、ユーザーは同社のデータセンターとの間で情報が送受信されるのを待つ必要もなければ、このサービスのために追加料金を支払う必要もありません。

 

マイクロソフトはまた、追跡活動は会社のサーバーではなく、デバイス上でのみ行われ、保存されると約束しています。また、ユーザーは追跡されないことを選択することもできる、と同社は付け加えます。

 

パイロット+ AIが提供する機能には、ライブ言語翻訳と画像作成が含まれます。また、特定の作業を実行するためにクリックする代わりに音声コマンドでPCと対話する機能も提供します。

 

また、Windows Recallと呼ばれるツールも提供されます。これは、コパイロット+アシスタントに、マイクロソフト社が言うところの、その人のコンピューター操作の”写真的記憶”を与えるものです。このツールは、ユーザーが次に何をしたいかを予測するために、ユーザーがPC上で行ったことを記憶するように設計されています。


マイクロソフト社のナデラ副社長は、”私たちを瞬時に見たり、聞いたり、私たちの意図や周囲の環境について推論したりする”マシンに向けた一歩だと述べています。彼はこうも付け加えています:「我々はコンピューターが私たちを理解するだけでなく、私たちが何を望んでいるのか、私たちの意図を予測することができるようになるこの新時代に入ったのです。」

 

ナデラ氏のAIに関する発表は、他の大手テクノロジー企業が最新のAI支援システムの新リリースを発表した直後に行われました。

 

先週、グーグルは、ウェブサイトへの直接リンクの前にAIが作成した簡単な検索結果を表示する改良型検索エンジンを発表しました。同社はまた、まだ開発中のAstraと呼ばれるAIアシスタントを披露しました。Astraは、スマートフォンのカメラを通して映し出されたものを”見て”話すことができるように設計されています。

 

オープンAIは先週、最新のチャットボット、ChatGPT-4oを発表しました。同社関係者は、この新しいツールのデモンストレーションを行いました、物事について意見を述べることができる改良された人間の特徴を示しています。新バージョンには、人の感情を判断するツールも搭載されています。

 

アルツハイマーを引き起こす遺伝子とは

その遺伝子は、APOE4、しかもそのコピーが2つ。

以前のニュースにあったレカネブラ(レケンビ)の使用は難しいとのことです

 

過度に恐るなと言っていますが・・・歳を取ること=認知症への不安は払拭されません。

しかしこのAPOE4に関連する研究は、ほとんどがヨーロッパ系の白人を対象としているとのことです。さて、私たちは?

 

 

 

 

Study: Gene May Cause Alzheimer’s in Some Cases

FILE - A section of a human brain with Alzheimer's disease is displayed at the Museum of Neuroanatomy at the University at Buffalo, in Buffalo, N.Y., Oct. 7, 2003. (AP Photo/David Duprey, File)
FILE - A section of a human brain with Alzheimer's disease is displayed at the Museum of Neuroanatomy at the University at Buffalo, in Buffalo, N.Y., Oct. 7, 2003. (AP Photo/David Duprey,

For the first time, researchers have identified a genetic form of late-in-life Alzheimer’s disease.

Alzheimer’s is a disease of the brain that causes people to lose their memory and mental abilities as they grow old.

Scientists have long known a gene called APOE4 is one of the many things that can increase a person’s risk for Alzheimer’s.

One risk includes simply getting old; most Alzheimer’s cases appear after age 65. But new research suggests that a cause of the disease is carrying two copies of the APOE4 gene. People with two copies of APOE4 inherited the gene from both parents.

Those patients may experience signs of Alzheimer’s seven to 10 years sooner than other adults who develop Alzheimer’s, the research found.

Dr. Juan Fortea led the study. He is with the Sant Pau Reasearch Institute in Barcelona, Spain. He said the findings mark a difference with “profound implications.”

An estimated 15 percent of Alzheimer’s patients carry two copies of APOE4. Those cases “can be tracked back to a cause and the cause is in the genes,” Fortea said.

Until now, genetic forms of Alzheimer’s were thought to be only kinds that appear at much younger ages. They were also thought to make up less than one percent of all cases.

Scientists say the new research shows the importance of developing treatments that target the APOE4 genes.

Dr. Reisa Sperling is with Harvard’s Brigham and Women’s Hospital in Boston. She helped write the study, which appeared recently in the publication Nature Medicine.

She said some doctors will not offer the only drug that has been shown to slow the disease, Leqembi, to people with the gene pair. She said that they are not offered the drug because those patients are at an especially high risk of developing a dangerous side effect.

Sperling studies ways to prevent or at least delay Alzheimer’s. She said, “This data for me says wow, what an important group to be able to go after before they become symptomatic.”

But the news does not mean people should race for a gene test. She told The Associated Press, “It’s important not to scare everyone who has a family history” of Alzheimer’s. She said the gene pair is not the cause of most cases of the disease.

How do genetics affect Alzheimer’s?

More than 6 million Americans, and millions more worldwide, have Alzheimer’s. Some genes are known to cause rare “early-onset forms.” This is where changes in the genes are passed through families that can cause symptoms to appear by age 50.

But Alzheimer’s most commonly appears after 65. Most cases begin after the age of 70. The APOE gene was known to play some part.

Most people carry the APOE3 gene that appears to neither increase nor decrease Alzheimer’s risk. Some carry APOE2, which provides some protection against Alzheimer’s.

APOE4 has long been called the biggest genetic risk factor for late-in-life Alzheimer’s, with two copies riskier than one. About two percent of the world’s population is estimated to have a copy of the gene from both parents.

Research points to a cause for a kind of Alzheimer’s

Fortea’s team used data from over 3,000 brains donated for research and from more than 10,000 people in U.S. and European Alzheimer’s studies. The team’s aim was to better understand genes’ role in Alzheimer’s. They examined symptoms and early signs of Alzheimer’s such as sticky amyloid in the brain.

Amyloid is a protein that can exist in different body parts, including the brain, with certain diseases.

The researchers found that people with two APOE4 copies were gaining more amyloid at age 55 than those with just one copy of APOE4. They were also gaining more amyloid than people who had the “neutral” APOE3 gene.

By age 65, brain imaging showed large amounts of harmful amyloid buildup in nearly 75 percent of individuals with two copies of APOE4. Those individuals were also more likely to have beginning Alzheimer’s symptoms by that age rather than later in life.

Sperling noted that not everyone with two APOE4 genes develops Alzheimer’s symptoms. Researchers hope to learn why.

How the new findings may affect Alzheimer’s research and treatment

The drug Leqembi works by clearing away some amyloid in patients’ brains. But Sperling said it is not clear if carriers of two APOE4 genes gain from taking the drug. That is because they have such a high risk of brain swelling and bleeding.

One research question is whether patients with two APOE4 genes should start such drugs sooner than other people.

Dr. Eliezer Masliah of the National Institute on Aging said other research aims to develop gene therapy or drugs that target APOE4. He said it is important to understand APOE4’s effects in different populations. So far, studies related to APOE4 have mostly involved white people of European ancestry.

 
 
 

Words in This Story

profound – adj. very great

implications – n. a possible future effect or result

symptoms – n. a change in the body or mind which indicates that a disease is present

track – v. to follow and find (someone or something) especially by looking at evidence

factor – n. something that helps produce or influence a result

swelling – adj. something that helps produce or influence a result

therapy – n. the treatment of physical or mental illnesses



研究結果: 遺伝子がアルツハイマー病を引き起こす可能性

FILE - A section of a human brain with Alzheimer's disease is displayed at the Museum of Neuroanatomy at the University at Buffalo, in Buffalo, N.Y., Oct. 7, 2003. (AP Photo/David Duprey, File)
FILE - 2003年10月7日、ニューヨーク州バッファローバッファロー大学神経解剖学博物館に展示されたアルツハイマー病患者の脳の一部。(AP Photo/David Duprey、


研究者たちは初めて、晩年のアルツハイマー病の遺伝的形態を特定しました。

 

アルツハイマー病は脳の病気で、年をとるにつれて記憶力や精神力を失っていく病です。

 

科学者たちは、APOE4と呼ばれる遺伝子がアルツハイマー病のリスクを高める要因のひとつであることを以前から知っていました。

 

リスクのひとつには、単に年をとることも含まれます:アルツハイマー病のほとんどは65歳以降に発症します。しかし、新しい研究では、APOE4遺伝子のコピーを2つ持っていることがこの病気の原因であることが示唆されています。APOE4遺伝子を2つ持っている人は、両親からその遺伝子を受け継いでいます。

 

これらの患者は、アルツハイマー病を発症する他の成人よりも7年から10年早くアルツハイマー病の徴候を経験する可能性があります。

 

ファン・フォルテア博士この研究を主導しています。彼はスペイン、バルセロナのサンパウ研究所に所属していまう。彼は、この研究結果は ”深い意味 ”を持つものであると述べています。

 

アルツハイマー病患者の15パーセントはAPOE4を2コピー持っていると推定されています。これらの症例は、”ある原因まで遡ることができ、その原因は遺伝子の中にある”とフォルテア氏は言います。

 

これまでは、遺伝的なアルツハイマー認知症は、かなり若い年齢で発症すると考えられていました。また、全症例の1パーセントにも満たないと考えられていたのです。

 

科学者たちは、新しい研究はAPOE4遺伝子を標的とした治療法を開発することの重要性を示していると言います。

 

レイザ スパークリング博士はボストンにあるハーバード大学ブリガム・アンド・ウィメンズ病院の医師です。彼女は、最近ネイチャー・メディシン誌に掲載されたこの研究の執筆に携わりました。

 

彼女は、この遺伝子ペアを持つ患者には、この病気を遅らせることが示されている唯一の薬であるレッケンビを提供しない医師もいるとのことです。そのような患者は危険な副作用を起こす危険性が特に高いからです。

 

スパーリング氏はアルツハイマーを予防する、あるいは少なくとも遅らせる方法を研究しています。「このデータは私にとって、症状が出る前に治療できる重要なグループであると言えます。」と彼女は言っています。

 

しかし、このニュースは人々が遺伝子検査を受けるべきだということを意味するものではありません。彼女はAP通信に、「アルツハイマー病の家族歴を持つすべての人を脅かさないことが重要です」と語っています。彼女は、この遺伝子ペアはほとんどのアルツハイマー病の原因ではないと述べています。

 

 

遺伝はアルツハイマー病にどう影響するのか?

 

600万人以上のアメリカ人、そして世界中で数百万人以上のアルツハイマー病患者がいます。いくつかの遺伝子は稀な ”早期発症型 ”を引き起こすことが知られています。これは、遺伝子の変化が家族内で受け継がれ、50歳までに症状が現れるものです。

 

しかし、アルツハイマー病は65歳以降に発症するのが一般的です。ほとんどの症例は70歳以降に発症します。APOE遺伝子が何らかの役割を果たしていることは知られていました。

 

ほとんどの人はAPOE3遺伝子を持っていますが、これはアルツハイマー病のリスクを増加も減少もさせないようです。APOE2遺伝子を持つ人もいますが、これはアルツハイマー病に対してある程度の予防効果があります。

 

APOE4は長い間、晩年のアルツハイマー病の最大の遺伝的危険因子と呼ばれてきました。世界人口の約2%が両親からこの遺伝子を受け継いでいると推定されています。

 

 

アルツハイマー病の一種の原因を指し示す研究

 

フォルテア氏の研究チームは、研究のために提供された3,000以上の脳と、米国とヨーロッパのアルツハイマー病研究に参加した10,000人以上のデータを使用しました。チームの目的は、アルツハイマー病における遺伝子の役割をよりよく理解することでした。研究チームは、脳内の粘着性アミロイドなどのアルツハイマー病の症状や初期徴候を調べました。

 

アミロイドは、特定の疾患によって脳を含む様々な体の部位に存在する可能性のあるタンパク質です。

 

研究者らは、APOE4が2コピーある人は、APOE4が1コピーしかない人に比べて、55歳の時点でより多くのアミロイドが増えていることを発見しました。また、”中性 ”のAPOE3遺伝子を持つ人よりもアミロイドが増加していました。

 

65歳までに、APOE4が2コピーある人のほぼ75%に、有害なアミロイドが大量に蓄積していることが脳画像で示されました。また、これらの人々は、アルツハイマー病の症状が人生の後半ではなく、その年齢までに始まっている可能性が高かったのです。

 

スパーリング博士は、APOE4遺伝子を2つ持つすべての人がアルツハイマー症状を発症するわけではない、と指摘しています。研究者たちは、その理由を明らかにしたいと考えています。

 

 

この新知見はアルツハイマー病の研究や治療にどのような影響を与えるのだろうか

 

レッケンビ薬は、患者の脳内のアミロイドを除去することで効果を発揮します。しかし、2つのAPOE4遺伝子の保有者がレッケンビを服用することで得をするかどうかは明らかではないとスパークリング氏は言います。というのも、APOE4遺伝子を持つ患者は脳の腫れや出血のリスクが高いからです。

 

一つの研究課題は、APOE4遺伝子を2つ持っている患者が、他の患者よりも早くそのような薬剤を開始すべきかどうかということです。

 

国立老化研究所のエリエゼル・マスリア博士は、他の研究はAPOE4を標的とした遺伝子治療や薬剤の開発を目指していると述べています。彼は、異なる集団におけるAPOE4の影響を理解することが重要であると述べます。これまでのところ、APOE4に関連する研究は、ほとんどがヨーロッパ系の白人を対象としています。

 

ベトナムの対米貿易黒字は中国次第

当初はこれって”漁夫の利”? と思って聞きはじめたのですが・・・

複雑に絡み合うサプライチェーン&関税バトルが故の相関図。

自国の利益を最大限にしようとする思惑と駆け引き、、、

 

最後のは心がどんより曇り空になってしまいました。

薔薇のアーチを見に行こう!!っと。(ダメかな???)

 

 

Vietnam's Trade Surplus with US Depends on China

FILE - Employees work at a shoe factory for export in Hanoi, Vietnam December 29, 2020. (REUTERS/Kham/File Photo)
FILE - Employees work at a shoe factory for export in Hanoi, Vietnam December 29, 2020. (REUTERS/Kham/File Photo)

 

 

As the United States increases tariffs to reduce trade with China, it has greatly increased imports from Vietnam. The Southeast Asian country, however, depends on China for much of its exports to the U.S.

The Reuters news agency recently studied information from the World Bank and economic experts. It shows that the value of China’s exports to Vietnam almost matches the value of exports from Vietnam to the U.S. in recent years.

Last year, the U.S. imported over $114 billions of goods from Vietnam. That was more than two times more than 2018 when U.S.-China trade disputes began. That increase happened as U.S. imports from China dropped by $110 billion.

Hung Nguyen is an expert in supply chains, or networks of product suppliers, with RMIT University Vietnam. He said, that in important industries such as clothing and electronic equipment, "Vietnam captured more than 60 percent of China's loss.”

However, data show that much of Vietnam’s exports to the U.S. are parts, or components, produced in China.

The Asian Development Bank estimates that imported parts account for 80 percent of the value of Vietnam's electronic exports in 2022.

The Organization for Economic Co-operation and Development said in a report that 90 percent of goods imported by Vietnam's electronics and clothing industries in 2020 were then "embodied in exports." That number, the organization said, was higher than in earlier years and far above the average in industrialized countries.

In the first three months of 2024, U.S. imports from Vietnam added up to $29 billion, while Vietnam's imports from China totaled $30.5 billion.

Darren Tay is the lead economist at the research company BMI. He said, "The surge in Chinese imports in Vietnam coinciding with the increase in Vietnamese exports to the U.S. may be seen by the U.S. as Chinese firms using Vietnam to skirt the additional tariffs imposed on their goods." He noted that could lead to tariffs against Vietnam after the U.S. presidential elections.

Vietnam now has the fourth-largest trade surplus with the U.S. That surplus is only smaller than the ones the U.S. has with China, Mexico, and the European Union.

The growing trade imbalance comes as Vietnam seeks “market economy” treatment from the United States. U.S. President Joe Biden has pushed to increase diplomatic ties.

The U.S. Embassy in Hanoi did not comment on trade imbalances. Vietnam's foreign and trade ministries did not answer requests for comment. And China's commerce ministry did not immediately answer a request for comment from Reuters.

Cotton and panels

The increase in China-Vietnam-U.S. trade takes place as investments in Southeast Asian countries rise. Companies involved in the area are moving some of their activities from China. Many Chinese companies set up new factories in Vietnam. But they still heavily depend on supplies from their homeland.

After a 2023 investigation, the U.S. Commerce Department found that some of the trade was just a way to place “Made in Vietnam” on finished solar panels to avoid tariffs.

Another reason Vietnam is getting U.S. attention is its involvement in the Xinjiang area in China. The U.S. bans imports from the area over accusations of human rights violations against minority Uyghurs.

Xinjiang is China's main producer of cotton and polysilicon, a material used to make solar panels. Both are important to Vietnamese industries. Vietnam’s clothing and solar panels accounted for about nine percent of exports to the U.S. last year. Vietnam surpassed China as the main exporter of products covered by the Xinjiang ban last year, said Hung Nguyen of RMIT.

The Biden administration has remained quiet about Vietnam's large trade surplus. Some experts say that may change after the November elections in the U.S.

Nguyen Ba Hung is an economist at the Asian Development Bank. He said it is possible that “…whoever wins may change the policy towards Vietnam.” But that would also risk increasing U.S. import costs.

 

 

Words in This Story

embody –v. to show or be representative of a condition or situation

surge –v. to increase suddenly

coincide –v. to take place at the same time

skirt –v. to narrowly avoid

solar panel –n. a flat device that produces electrical current from sunlight

 

 

 

ベトナムの対米貿易黒字は中国に依存している(和訳)

May 19, 2024

 

米国が中国との貿易を減らすために関税を引き上げると、ベトナムからの輸入が大幅に増えました。しかし、東南アジアのベトナムは、対米輸出の多くを中国に依存しています。

 

ロイター通信は最近、世界銀行と経済専門家の情報を調査しました。それによると、近年、中国のベトナムへの輸出額は、ベトナムからアメリカへの輸出額とほぼ一致しています。

 

昨年、アメリカはベトナムから1,140億ドル以上の商品を輸入しました。これは米中貿易紛争が始まった2018年の2倍以上です。この増加は、米国の中国からの輸入が1,100億ドル減少したことで起こりました。

 

フン・グエン氏はRMIT大学ベトナムサプライチェーン(製品供給者のネットワーク)の専門家です。衣料品や電子機器などの重要な産業において、「ベトナムは中国の損失の60%以上を獲得している」と彼は言います。

 

しかし、データは、ベトナムの対米輸出の多くは中国で生産された部品や構成品であることを示しています。

 

アジア開発銀行は、2022年のベトナムの電子機器輸出額の80%を輸入部品が占めると見積もっています。

 

経済協力開発機構は報告書の中で、2020年にベトナムの電子機器産業と衣料品産業が輸入した商品の90%が ”輸出品として具現化された ”と言っています。この数字は、それ以前の年よりも高く、先進国の平均をはるかに上回ると同機関は述べています。

 

2024年の最初の3ヶ月間で、アメリカのベトナムからの輸入は290億ドルに上り、ベトナムの中国からの輸入は305億ドルでした。

 

ダレン・テイ氏は調査会社BMIの主席エコノミストです。彼は、「ベトナムの対米輸出の増加と重なる中国からのベトナムへの輸入の急増は、中国企業が自社製品に課される追加関税を回避するためにベトナムを利用していると米国に見られる可能性がある 」と述べます。また、アメリカ大統領選挙後にベトナムに対する関税が課される可能性もあると指摘しています。

 

ベトナムは現在、対米貿易黒字が4番目に大きいです。この黒字は、米国が有する中国、メキシコ、欧州連合EU)の黒字よりも小さいのです。

 

貿易不均衡が拡大しているのは、ベトナムアメリカから”市場経済”待遇を受けようとしているためです。ジョー・バイデン米大統領は外交関係の強化を推進しています。

 

ハノイアメリカ大使館は貿易不均衡についてコメントしていません。ベトナムの外務省と貿易省はコメントへのリクエストに回答をしていません。また、中国商務省はロイターのコメント要請に即座に回答しませんでした。

 

 

綿花とパネル

 

中国-ベトナム-アメリカ間の貿易が増加しているのは、東南アジア諸国への投資が増加しているためです。この地域に関わる企業は、活動の一部を中国から移しています。多くの中国企業ベトナムに新しい工場を設立しています。しかし、彼らは依然として自国からの供給に大きく依存しています。

 

2023年年の調査の後、米商務省は貿易の一部が関税を避けるために完成品のソーラーパネルに”メイド・イン・ベトナム”と表示するための手段に過ぎないことを突き止めました。

 

ベトナムが米国から注目されているもうひとつの理由は、中国のthe Xinjiangʃíndˈʒjɑŋ】新疆ウイグル自治区への関与です。米国は、少数民族Uyghurs【wígərs】ウイグル族に対する人権侵害を非難し、この地域からの輸入を禁止しています。

 

新疆ウイグル自治区は、綿花とソーラーパネルに使われるポリシリコンの主要生産地です。どちらもベトナムの産業にとって重要なものです。ベトナムの衣料品とソーラーパネルは昨年、対米輸出の約9%を占めました。RMITのフン・グエン氏によれば、ベトナムは昨年、中国を抜いて新疆禁止令の対象製品の主要輸出国になったと言います。

 

バイデン政権はベトナムの大幅な貿易黒字について沈黙を守っています。一部の専門家は、11月のアメリカでの選挙の後、それが変わるかもしれないと言っています。

 

グエン・バ・フンはアジア開発銀行エコノミストです。彼は、「......誰が勝つにせよ、対ベトナム政策を変える可能性はある」と述べています。しかし、それはアメリカの輸入コストを増加させるリスクもあります。

 

 

 

国連、デング熱撲滅へ

デング熱はデングウイルスによる肝炎症でネッタイシマカヒトスジシマカによって感染します。感染症法は4類感染症に分類〜デングウイルスには4つの血清型(DENV-1、DENV-2、DENV-3、DENV-4)があり、4つ全てが現在いアメリカ大陸で流行っています。寒い冬は蚊が媒介する疾病の通年感染を防ぎますが、ヨーロッパでもデングウイルスの感染に適した機構が増えつつあり、洪水や淀んだ水溜りの発生につながっています。

厚生労働省検疫所より(症状なども詳しく掲載されています)

デング熱とはデング熱(Dengue Fever)

デング熱ー世界の状況デング熱-世界の状況

 

 

図1 デングウイルスを媒介する蚊 (a)ネッタイシマカ (b) ヒトスジシマカ(国内でのベクター)
デングウイルスを媒介する蚊  (上記写真下記URLより)

蚊媒介ウイルス感染症の職業感染事例から学ぶ標準予防策の重要性 | 日本BD

 

ヒトスジシマカは日本にいる蚊ですが、ネッタイシマカ生息していないそうですが、コロナ後ひとの流れが増大していますので、人食いバクテリアにばかり気を取られていましたが、これからの季節長袖長ズボンに虫除けスプレーで対策する必要がありますね!!

 

 

 

 

 

UN Authorizes Second Shot to Fight Dengue in Americas

FILE - A healthcare worker prepares the Qdenga vaccine during a vaccination campaign at a health center in Rio de Janeiro, Brazil, Feb. 23, 2024. (AP Photo/Silvia Izquierdo)
FILE - A healthcare worker prepares the Qdenga vaccine during a vaccination campaign at a health center in Rio de Janeiro, Brazil, Feb. 23, 2024. (AP Photo/Silvia Izquierdo)
 

The World Health Organization recently authorized a second dengue vaccine. The move could provide protection for millions of people worldwide against the mosquito-borne disease.

This year, several dengue outbreaks have happened in places across the Americas.

In a statement on May 15, the U.N. health agency said it approved the dengue vaccine made by the Japanese drugmaker Takeda.

Takeda’s dengue vaccine is known as Qdenga. It was previously approved by the European Medicines Agency in 2022. The two-dose vaccine is given three months apart. It protects against the four kinds of dengue. The WHO recommends its use in children between the ages of 6 and 16 who live in areas with high rates of dengue.

Approval by the WHO now means that donors and other U.N. agencies can purchase the vaccine for poorer countries.

Studies have shown Takeda’s vaccine is about 84 percent effective in preventing people from being hospitalized and about 61 percent effective in stopping symptoms.

WHO’s Rogerio Gaspar is director for the agency’s approvals of medicines and vaccines. He said it was “an important step in the expansion of global access to dengue vaccines.”

FILE - Patients suspected of having dengue fever get care at a health center in Rio de Janeiro, Brazil, Feb. 23, 2024. (AP Photo/Silvia Izquierdo)
FILE - Patients suspected of having dengue fever get care at a health center in Rio de Janeiro, Brazil, Feb. 23, 2024. (AP Photo/Silvia Izquierdo)

The first dengue vaccine that the WHO approved was made by the drugmaker Sanofi Pasteur. The vaccine was later found to increase the risk of severe dengue in people who had not been infected with the disease before.

There is no exact treatment for dengue. It is a leading cause of serious illness and death in about 120 Latin American and Asian countries. About 80 percent of infections are mild. But severe cases of dengue can lead to internal bleeding, organ failure, and death.

Last week, the WHO reported there were 6.7 million suspected cases of dengue in the Americas. That is an increase of 206 percent compared with the same period last year. In March of this year, officials in Rio de Janeiro declared a public health emergency over its dengue epidemic. Brazilian health officials began giving out the Takeda vaccine with the goal of protecting at least 3 million people.

Infectious disease experts say climate change and the increased range of mosquitoes that carry dengue are partly to blame for the spread of the disease.

 
 

Words in This Story

authorized –adj. having or done with legal or official approval

borne –adj. transported or transmitted by —used in combination as in mosquito-borne illness

previously –adv. going before in time or order

symptom –n. a change in a living thing that indicates the presence of a disease or other physical disorder

global –adj. of, relating to, or involving the entire world

access –n. permission or power to enter, approach, or make use of

mild –adj. moderate in action or effect : not severe

epidemic –n. spreading widely and affecting many individuals at one time

 

 

 
 

国連、アメリカ大陸におけるデング熱撲滅のための2度目の予防注射を許可(和訳)

 

世界保健機関はこのほど、2種類目のデング熱ワクチンを承認しました。これにより、(the mosquito-borne)蚊が媒介するデング熱から世界中の数百万人を守ることができます。

 

今年、デング熱の流行はアメリカ大陸のあちこちで起こっています。

 

5月15日の声明で、国連保健機関は日本の製薬会社である武田薬品が製造したデング熱ワクチンを承認したと発表しました。

 

武田薬品デング熱ワクチンは(Qdenga)キュデンガとして知られています。このワクチンは先に2022年に欧州医薬品庁から承認されています。2回接種のワクチンは3ヶ月間隔で接種されます。このワクチンは4種類のデング熱を予防します。WHOは、デング熱の発生率が高い地域に住む6歳から16歳の子供への使用を推奨しています。

 

WHOによる承認は、寄付国や他の国連機関はより貧しい国のためにこのワクチンを購入することができるようになったことを意味します。

 

調査によると、武田薬品のワクチンは、入院を防ぐ効果は約84%、症状を止める効果は約61%となっています。

 

WHOのロジェリオ・ガスパール局長は、医薬品とワクチンの承認を担当しています。彼は、”これはデング熱ワクチンへの世界的なアクセス拡大における重要な一歩である”と述べています。

 

FILE - Patients suspected of having dengue fever get care at a health center in Rio de Janeiro, Brazil, Feb. 23, 2024. (AP Photo/Silvia Izquierdo)

FILE-ブラジル、リオデジャネイロの保健センターで治療を受けるデング熱の疑いのある患者(2024年2月23日)。(AP Photo/Silvia Izquierdo)

 


WHOが最初に承認したデング熱ワクチンは、製薬会社のサノフィ・パスツール社製でした。このワクチンは後に、それまでデング熱に感染したことのない人の重症化リスクを高めることが判明しました。

 

デング熱の正確な治療法はありません。デング熱は、ラテンアメリカとアジアの約120カ国において、重篤な病気と死亡の主な原因となっています。感染の約80%は軽症です。しかし、デング熱が重症化すると、(internal bleeding)内出血、(organ failure)臓器不全、死に至ることもあります。

 

先週、WHOはアメリカ大陸で670万人のデング熱感染の疑いがあると報告しました。これは昨年の同時期と比較して206%の増加です。今年3月、リオデジャネイロ当局はデング熱の流行に対して公衆衛生上の緊急事態を宣言しました。ブラジルの保健当局は、少なくとも3300万人を守ることを目標に、武田薬品のワクチンの接種を開始しました。

 

感染症の専門家は、気候変動とデング熱を媒介する蚊の生息域の拡大がデング熱の蔓延の一因であると述べています。