我思う故に我あり

日常で感じかこと、考えたことを綴ります。

ミャンマー総選挙2020

アメリカ大統領のニュースで埋め尽くされていますが、

 まさに今日、November 08, 2020  ミャンマー総選挙なのです。

軍の政治関与を低減させる憲法改正案が今年1月、ミャンマーの与党,国民民

主連盟(NLD)が主導している連邦議会憲法改正委員会によって提出されま

した。

なので、この総選挙には関心がありました。約6800人が立候補しているそうです。

 

VOAニュースより、Another Election2020!!

 

 

 

 

潰された学生運動ミャンマー選挙前の小さな希望

A Crushed Student Movement, Little Hope Before Myanmar's Election

November 06, 2020

learningenglish.voanews.com

 

フニンさんはミャンマーで教師をしています。少女時代、彼女は現在国を率いる元野党指導者のアウン・サン・スー・チーを尊敬していました。しかし、日曜日にミャンマーで選挙では、フニンさんは彼女に投票しないでしょう。

2015年に軍事支配が終わって以来、2回目の総選挙となります。

アウンサンスーチー氏の国民民主連盟(NLD)は、指導者の強い人気を背景に、再び勝利を収めると予想されています。しかし、フニンさんは、ノーベル平和賞を受賞したアウン・サン・スー・チー氏が、ビルマとも呼ばれるこの国を統一するという約束を守れなかったと述べています。

「私はもう彼女を信頼していません」とこの若い女性は言います。「彼女が民主化に向けて歩もうとしているその道は、不可能です。」と彼女は付け加ます。

アウンサンスーチーの党は2015年に非常に大きな勝利を収めました。しかし、2020年のミャンマーは、彼女が解決できそうにない問題に直面しています。コロナウイルスの健康危機に加え、経済的苦難の高まり、民族・内戦の激化などです。

フニンさんは、ここ数ヶ月の間に全国で反政府デモやリーフレットキャンペーンを行った学生団体の活動家の一人です。

ビルマ学生連盟は総選挙のボイコットを呼びかけています。

このキャンペーンは、激しい弾圧を受けています。グループのメンバーのうち9人が実刑判決を受け、うち2人は5年の懲役を言い渡されました。彼らは ”公然わいせつ罪” で投獄されたのです。他の10人のメンバーは警察に拘束され、少なくとも12人が身を隠しています。

NLDと政府の代表はロイター通信のコメント要求に答えていません。

アウンサンスーチー氏の擁護者は、学生たちは現実的ではないと述べています。50年間の軍事支配を経ても、すぐに変化は起こらないというのです。

 

’より良い未来’

 

ビルマ学生連盟は3月、”もう戦争はしない” キャンペーンを開始しました。学生たちはラカイン州での戦争を非難する看板を掲げたり、ビラを配ったりしました。

ラカイン州バングラデシュと国境を接しています。2017年、ミャンマー軍がラカイン州の村々を攻撃し始め、そこに住む民族ロヒンギャが殺害・強姦されたり、家を焼かれたりしています。73万人以上のロヒンギャバングラデシュへの逃亡を余儀なくされました。国連はミャンマーの軍事行動を大量虐殺と非難しました。

ミャンマーはこの告発を否定しています。反乱を終わらせるために 正当に行動したと言っているのです。

現在、ラカイン州では、政府軍とアラカン軍との間で、別の紛争が起きています。アラカン軍は、ラカイン州自治権拡大のために戦う 民族武装グループです。

ラカン軍は今回の紛争で民間人への攻撃を否定しています。多くの人々が殺害され、数万人が避難しています。ミャンマー政府は、アラカン軍はテロ組織だと言っています。

国中の都市や町で学生たちはビラを配りました。"独裁は失敗しなければならない "という内容です。また、ラカイン州でのインターネットの制限を解除するよう政府に要求しています。

フニンさんは、自分も紛争の影響を受けた地域で育ったため、戦争の犠牲者に共感していると語っています。

政府は紛争を止めるために何もしておらず、軍の”操り人形”だったといいます。彼女は、軍が書いた2008年の憲法が、軍に大きな権限を与えていることを非難しています。

 

’深い凍結’

 

マヤ・テューダー氏は、イギリスのオックスフォード大学のブラヴニク・スクール・オブ・ガバメントで教えています。彼女は民主化に向けて動き出した国々を研究しています。

テューダー氏によると、NLDは民主的な変化を起こすことができず、代わりにメディアへの規制を強化し、批判者を逮捕することを選択したといいます。

政府の閣僚は、NLDの就任当初の期待は非現実的に高かったと述べています。彼らはまた、政府が軍事支配の日から最悪の法律のいくつかを削除し、追加の改革を計画したと言っています。

民族ベースの政党は、日曜日の選挙でNLDから一部の票を引き離すと予想されています。不安のため、50以上の地域で投票が中止されています。

リチャード・ホーシー氏は国際危機グループのミャンマー専門家です。彼によると、少数民族は2015年のようにアウン・サン・スー・チー氏をもはや自然な指導者とは見ていないといます。その代わりに、今ではアウン・サン・スー・チー氏を敵として見ているといいます。

「これは武力紛争を促進する可能性がある 」と彼は言いっています。

 

 

 

経済から見るミャンマー総選挙

 

www.ide.go.jp

 

「スーチー政権に大きな経済的成果はなく、また国民の一部に多少の不満はあっても、結局のところ、今回の総選挙では政策論議は置き去りにされ、ビルマ族中心の管区域においてはスーチーの人気投票、少数民族中心の州においては民族のアイデンティティ投票ということになるのではないだろうか。 」 

と、JETR0の記事は伝えています。

 

 

人権から見るミャンマー総選挙

www.hrw.org

ロヒンギャムスリムの除外、不平等な報道アクセス、批判者の逮捕。

根本的に欠陥がある選挙だと、Human Right Watchは断言しています。

 

 

 

ミャンマーの現在の選挙制度

www.aung.co.jp

 

 

 

 

 

 

A Crushed Student Movement, Little Hope Before Myanmar's Election

State Counselor Daw Aung San Suu Kyi, Myanmar’s de facto leader, fills out a ballot in her country's election, in voters in Naypyitaw, the nation’s capital, Oct. 29, 2020.

 

Hnin is a teacher in Myanmar. As a girl, she had great respect for Aung San Suu Kyi, the former opposition leader who now leads the country. But when Myanmar holds elections on Sunday, Hnin will not vote for her.

This will be the second general election since the end of military rule in 2015.

Aung San Suu Kyi’s National League for Democracy (NLD) is expected to win again on the strength of its leader’s strong popularity. Hnin, however, says the Nobel Peace Prize winner failed to keep her promise to unite the country, also known as Burma.

“I have no more trust in her,” said the young woman. She added “the path she is trying to take towards democracy is impossible.”

Aung San Suu Kyi’s party won by a very large victory in 2015. Myanmar in 2020, however, is facing problems that she does not seem able to solve. In addition to the coronavirus health crisis, there is rising economic hardship and growing ethnic and civil conflicts.

Hnin is one of many activists from a student group responsible for anti-government protests and leaflet campaigns across the country in recent months.

The All Burma Federation of Students Union is calling for a boycott of the general election.

Its campaign has been met with a sharp crackdown. Nine of the group’s members have been sentenced to prison, two of them to five years. They were jailed for “public mischief,” among other charges. Ten other members are in police detention and at least 12 more are in hiding.

Representatives of the NLD and the government did not answer requests for comment from Reuters news agency.

Aung San Suu Kyi’s defenders say the students are not being realistic. Change cannot happen quickly after 50 years of military rule, they say.

‘Better future’

The All Burma Federation of Students Union began a “no more war” campaign in March. The students put up signs and gave out leaflets condemning the war in Rakhine state.

Rakhine borders Bangladesh. In 2017, Myanmar's military began attacking villages in Rahkhine, killing and raping ethnic Rohingyas who lived there and burning their homes. More than 730,000 Rohingyas were forced to flee to Bangladesh. The United Nations condemned Myanmar's military action as genocidal.

Myanmar denies the accusation. It says it acted rightfully to end a rebellion.

Now in Rakhine there is another conflict between government troops and the Arakan Army. The Arakan Army is an ethnic armed group fighting for greater self-rule for Rakhine State.

The army has denied targeting civilians in the latest conflict. Many people have been killed and tens of thousands displaced in the fighting. The Myanmar government says the Ararkan Army is a terrorist organization.

In cities and towns across the country, the students have given out leaflets that say “dictatorships must fail.” They also urge the government to lift restrictions on the internet in Rakhine.

Hnin said she sympathized with victims of the war because she grew up in an area also affected by conflict.

The government did nothing to stop the conflict and was a “puppet” of the army, she said. She blames the 2008 constitution, written by the military, that gives the army major powers.

‘Deep freeze’

Maya Tudor teaches at the Blavnik School of Government at Oxford University in Britain. She studies countries moving toward democracy.

Tudor said the NLD had failed to make democratic changes, choosing instead to increase controls on the media and arrest critics.

Government ministers have said peoples’ expectations for the NLD’s first years in office were unrealistically high. They also said the government had removed some of the worst laws from the days of military rule and planned additional reforms.

Ethnic-based parties are expected to pull some votes away from the NLD in the election on Sunday. Voting has been cancelled in more than 50 areas because of unrest.

Richard Horsey is an expert on Myanmar with the International Crisis Group. He said ethnic minorities no longer see Aung San Suu Kyi as their natural leader as they did in 2015. Instead, they now see her as their enemy.

“This could drive more armed conflict,” he said.

 

 

______________________________________________________________

 

Words in This Story

 

leaflet – n. a printed and often folded sheet of paper that is usually given to people for no cost

disillusionment – n. causing someone to stop believing that something is good, true, valuable, etc.

crackdown – n. a serious attempt to punish people for doing something that is not allowed

mischief – n. behavior or activity that is annoying but that is not meant to cause serious harm or damage

monk – n. a member of a religious community of men who usually promise to remain poor, unmarried, and separated from the rest of society

intent – n. the thing that you plan to do or achieve; an aim or purpose

puppet – n. a person or an organization that is controlled by another person or organization​