我思う故に我あり

日常で感じかこと、考えたことを綴ります。

図書館、司書の意義、ここにあり!!!

何ともheart-warmingなVOAニュースです。

調べたら、日本でもあるのですが、ちょっと違うような感じ?

アメリカの図書館利用者による直接推薦、いいですね♪

図書館、司書の意義、ここにあり!です。

早速、本日のVOA,Let's get started!!!

 

 

 

 

 

 

パンデミック時に、受賞歴のある司書が支援 

 

Award-Winning Librarians Help During Pandemic

4 hours ago .2021/1/16

learningenglish.voanews.com

 図書館が提供するのは本だけではありません。2016年5月24日(火)、ボストンのノースイースタン大学キャンパスにあるスネル図書館の入り口でコンピューターの画面を見るインドのインドールに住むノースイースタン大学の大学院生シャビール・フサインさん(左)。(AP Photo/Steven Senne)

 

読書好きな人なら誰でも図書館が大好きです。何千冊もの本が棚に並べられている光景、古い本と新しい本が混ざった匂い、司書が騒がしい訪問者を黙らせる音など、本を愛する人の夢の一部です。

 

しかし、図書館はそれ以上のものです。

 

このデジタル時代において、図書館とそれを運営する専門家は、技術を持つ人と持たない人の間のデジタルデバイドの橋渡しをしています。司書は、膨大な資料の海の中から重要な情報を見つける手助けをしています。識字と読書好きをサポートしています。

 

これは平時にも言えることです。しかし、2020年のコロナウイルスにより、ほとんどの学生がオンライン教育を余儀なくされて以来、図書館と司書の価値はさらに高まっています。

 

アメリカ図書館協会(ALA)は2008年に I Love My Librarian賞 を始めました。毎年10人が選ばれています。ALAのジュリアス・C・ジェファーソン・ジュニア会長は、2021年の受賞者を称賛する中で、パンデミックによる極度の困難に言及しました。

 

「司書が安全な距離から地域社会に必要とされるリソースを提供するという機会が増えています。」と彼は述べています。

 

図書館利用者は、お気に入りの司書を賞に推薦します。彼らは、本に関する専門的な知識、学習と読書のためのサポート、地域社会への貢献のために選ばれます。

 

受賞した各司書には5000ドルと、ニューヨークのカーネギー・コーポレーションから自分の図書館に750ドルの寄付金が贈られます。

 

2021年の受賞者については、AP通信が報じています。そして今、推薦封筒をお願いします!

 

ジャヤンティ・アドルマンさんは、カリフォルニア州ヘイウッドにあるヘイウッド公共図書館の図書館長。I Love Libraries.orgというウェブサイトでは、COVID-19の危機の時の彼女の仕事について説明されていました。彼女は、誰もが、特に必要としている人たちが、図書館カードをオンラインで簡単に手に入れることができるようにし、デジタルデバイドの橋渡しをするためのデバイスを用意しました。

 

カンザス州トピカにあるウォッシュバーン大学では、司書のショーン・バードさんが、コロナウイルスのためにオンラインで授業を受けているすべての学生にノートパソコンを与えるようにしました。ある学生はバードさんについて次のように書いています:「彼は私の人生を変えてくれました。彼のおかげで卒業できました」

 

ボストンのMGH研究所のジェシカ・ベルさんは、保健専門職の図書館を "教育と学習のための世界クラスのリソース "にしたことで受賞しました。彼女はまた、学生が落ち着いてつながりを保つためのオンラインイベントを主導しました。

 

フェニックスにあるアリゾナ大学医学部のナオミ・ビショップさんは、社会正義のための声とリーダーであることが評価されて受賞しました。彼女の推薦者は、地元の医療コミュニティがビショップさんを”公衆衛生と安全性のベストプラクティスに関する最新の研究のため”頼りにしていると述べています。

 

カリフォルニア州ビバリーヒルズにあるビバリービスタ中学校図書館ジェシー・ブラウンさんは、パンデミック時にオンラインと物理的なリソースを提供したリーダーシップが評価されて受賞しました。彼の推薦文によると、彼は図書館を”すべての子供、すべての教師、すべての家族がくつろげるような、愛される生徒中心の環境へと成長させた”とのことです。

 

カリフォルニア州サクラメント公立図書館のアディリーン・エストラーダ・フエルタさんは、”スペイン語を話す家族への卓越したアウトリーチサービス”とロシア語でも受賞しました。この技術に精通した司書は、図書館のプログラミングを仮想フォーマットに適応させました。

 

カリフォルニア大学バークレー校の司書ジアニエ・ヘ さんは、コミュニティの構築と中国人教師の支援で受賞しました。彼女の推薦者たちは、彼女のことを”家から離れた我が家”ような存在と表現しています。

 

コネチカット州グリニッジにあるインターナショナル・スクール・アット・ダンディーのジェーン・E・マルテリーノさんは、リテラシーの刺激的な文化を創造したことが評価されて受賞しました。彼女は彼女のプログラムを通して、数え切れないほどの子供たちが読書の楽しさを発見するのを助けてきました。パンデミックの際には、生徒がデジタルブック、ストーリー、学習リソースにアクセスできるタブレットベースのオンライン製品を作成しました。

 

ペンシルベニア州マンチェスターのノースイースタン高校のジェニファー・L・ニューカムさんは、研究パートナーであり、教師と生徒の両方をサポートしています。ある推薦状によると、ニューカムさんは昼食時に一人で図書室に座っている空腹そうな生徒に気づき、その生徒のために食べ物を持ってくるようになりました。そこで彼女は毎日彼のために食べ物を持ってきて、先生に確認するようになりました。勉強に苦労していた少年は優等生になりました。

 

アラスカ州のアンカレッジ公立図書館のエリザベス・モロー・ニコライさんは、アラスカの若者のための”識字率向上の促進”などのサービスが評価されて受賞しました。彼女の推薦文は次のように述べていま;「公平なプログラミングとコレクションに対する彼女の情熱は、地域社会全体へのインクルージョンとサービスという図書館の目標を形作ってきました。」

 

 

 

 

日本にもある、司書表彰事業

 

www.nichigai.co.jp

 

www.shimotsuke.co.jp

 

 

 

Award-Winning Librarians Help During Pandemic

Libraries offer more than just books. Northeastern University graduate student Shabbir Hussain, of Indore, India, left, views a computer screen at the entrance to the Snell Library on the Northeastern University campus in Boston on Tuesday, May 24, 2016. (AP Photo/Steven Senne)

 

Anyone who loves to read loves a library. The sight of thousands of books organized on shelves; the smell of old books mixed with new ones; the sound of a librarian silencing a noisy visitor – are all part of a book-lover’s dream.

But libraries are much more than that.

In this digital age, libraries and the experts who run them help bridge the digital divide between those with technology and those without. Librarians help people find important information in a huge sea of material. They support literacy and a love of reading.

This is true in normal times. But libraries and librarians are even more valuable since the 2020 coronavirus, which forced most students into online education.

The American Library Association (ALA) started the I Love My Librarian award in 2008. Each year 10 are chosen for the award. ALA President Julius C. Jefferson Jr. noted the extreme difficulty caused by the pandemic in his praise for the 2021 award winners.

“Librarians have risen to the occasion,” he said, “providing much-needed resources to their communities from a safe distance.”

Library users nominate their favorite librarian for the award. They are chosen for their expert knowledge about books, their support for learning and reading, and for their contributions to the community.

Each winning librarian receives $5000, and a $750 donation to their library from the Carnegie Corporation of New York.

The Associated Press reported on the winners for 2021. And now the envelope please!

Jayanti Addleman is the library director at the Haywood Public Library in Haywood, California. The website I Love Libraries.org explained her work during the COVID-19 crisis. She made sure everyone, but especially people in need, could easily get a library card online and devices to help bridge the digital divide.

At Washburn University, in Topeka, Kansas, librarian Sean Bird made sure that all students taking classes online because of the coronavirus received laptops. One student wrote about Bird: “That dude changed my life. He is the reason I graduated.”

Jessica Bell of Boston’s MGH Institute of Health Professions won for making the library “a world-class resource for teaching and learning.” She also led online events to keep students calm and connected.

Naomi Bishop at the University of Arizona College of Medicine, in Phoenix, won for being a voice and leader for social justice. Her nominators said the local medical community turned to Bishop “for up-to-date research about public health and safety best practices.”

Jesse Braun of Beverly Vista Middle School Library, in Beverly Hills, California, won for leadership in providing online and physical resources during the pandemic. His nomination states that he grew the library “into a beloved, student-centered environment, where every child, every teacher, and every family could feel at home.”

Adilene Estrada-Huerta of the Sacramento Public Library in California won for “outstanding outreach services to Spanish-speaking families” and Russian as well. This tech-savvy librarian also adapted the library programming to a virtual format.

Librarian Jianye He at the University of California, Berkeley, won for building community and helping Chinese teachers. Her nominees describe her as “a home away from home.”

Jane E. Martellino at the International School at Dundee, in Greenwich, Connecticut won for creating an exciting culture of literacy. She has helped countless children discover the joy of reading through her programs. During the pandemic, she created a tablet-based online product for students to access digital books, stories, and learning resources.

Jennifer L. Newcome at Northeastern High School in Manchester, Pennsylvania is a research partner and source of support for both teachers and students. One nomination letter said that Newcome noticed a student who seemed hungry sitting alone in the library at lunch. So, she began bringing food for him every day and checking in with his teacher. The boy, who had been struggling in his studies, became an honor roll student.

Elizabeth Moreau Nicolai from the Anchorage Public Library in Alaska won for “promoting literacy” and other services for Alaska’s young people. Her nomination said: “Her passion for equitable programming and collections have helped shape the library’s goals of inclusion and service to the entire community.”

 

 

_______________________________________________________________

 

Words in This Story

 

literacy – n. the ability to read and write

occasion – n. somewhat formal : a particular time when something happens : somewhat formal : a chance or opportunity : a situation that allows something to happen

contribution – n. something that is given to help a person, a cause, etc.

dude – n. chiefly US slang : a man

best practices – n. a procedure that has been shown by research and experience to produce optimal results and that is established or proposed as a standard suitable for widespread adoption

virtual – adj. being on or simulated on a computer or computer network

honor roll – n. especially : a list of students who have received good grades in school

passion – n. a strong feeling of enthusiasm or excitement for something or about doing something

inclusion – n. an act of taking in as part of a whole : the state of being taken in as part of a whole